奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
29927 reports
( Participation 597 Orgs )
report count
112525 reports
( compared to the privious fiscal year + 24565 reports )
( Participation 1858 Orgs )
site summary count
138579 reports
( compared to the privious fiscal year + 2686 reports )
現在の文化財論文件数
21398 reports
( compared to the privious fiscal year + 20581 reports )
video count
669 reports
( compared to the privious fiscal year + 259 reports )
( Participation 65 Orgs )
文化財イベント件数
590 reports
( compared to the privious fiscal year + 82 reports )
※過去開催分含む

福島町館崎遺跡

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/28164
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.28164
引用表記 公益財団法人 北海道埋蔵文化財センター 2017 『公益財団法人 北海道埋蔵文化財センター調査報告書333:福島町館崎遺跡』公益財団法人 北海道埋蔵文化財センター
公益財団法人 北海道埋蔵文化財センター 2017 『福島町館崎遺跡』公益財団法人 北海道埋蔵文化財センター調査報告書333
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book|和書|first=昭大|last=中山|first2=覚|last2=影浦|first3=淳一|last3=福井|first4=由佳|last4=柳瀬|first5=理|last5=立田|title=福島町館崎遺跡|origdate=2017-03-24|date=2017-03-24|url=https://sitereports.nabunken.go.jp/28164|location=北海道江別市西野幌685番地1|ncid=AN00152979|ncid=BB23306827|doi=10.24484/sitereports.28164|series=公益財団法人 北海道埋蔵文化財センター調査報告書|volume=333}} 閉じる
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
Title 福島町館崎遺跡
Participation-organizations (公財)北海道埋蔵文化財センター - 北海道
Alternative ふくしまちょうたてさきいせき
Subtitle 北海道新幹線建設事業埋蔵文化財発掘調査報告書
Volume
Series 公益財団法人 北海道埋蔵文化財センター調査報告書
Series Number 333
Author
Editorial Organization
公益財団法人 北海道埋蔵文化財センター
Publisher
公益財団法人 北海道埋蔵文化財センター
Publish Date 20170324
Publisher ID
ZIP CODE 069-0832
TEL 011-386-3231
Aaddress 北海道江別市西野幌685番地1
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
所収論文
Site
Site Name 館崎遺跡
Site Name Transcription たてさきいせき
Order in book
Address 北海道松前郡福島町館崎337-11ほか
Address Transcription ほっかいどうまつまえぐんふくしまちょうたてさき337-11ほか
City Code 01332
Site Number B-03-2
North Latitude (JGD) 412631
East Longitude (JGD) 1401358
North Latitude (WGS)
East Longitude (WGS)
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 41.4446 140.2293
※初期画面を表示しますので、該当場所に直接遷移しません。
Research Period
20090507-20091127
20100412-20100819
20110509-20110831
Research Space
Research Causes 北海道新幹線建設事業に伴う事前調査
OverView
Site Type
集落
Main Age
縄文
Main Features
土坑3
Main Foundings
東釧路4式土器
Remark 主な時代:縄文時代早期後葉
Site Type
集落
Main Age
縄文
Main Features
盛土遺構2
竪穴住居跡48
土坑90
焼土85
集石25
フレイク集中48
小ピット385
杭列2
道路跡1
Main Foundings
円筒土器下層c式土器
円筒土器下層d式土器
円筒土器上層a式土器
円筒土器上層b式土器
見晴町式土器
土偶
スクレイパー
箆状石器
たたき石
石鏃
石錐
台石
石皿
北海道式石冠
扁平打製石器
石斧
石棒
烏帽子形石器
ヒスイ製垂飾
けつ状耳飾
岩偶
銛頭
釣針
骨針
垂飾
オットセイ骨
植物遺体
Remark 最大級の岩偶。多量のけつ状耳飾。長野県域産黒曜石製石鏃の最北例。クリ花粉多量検出。多遺体埋葬墓。廃屋墓。15体の人骨。貝層
主な時代:縄文時代前期後葉から中期中葉
Site Type
集落
Main Age
縄文
Main Features
土坑4
Tピット1
焼土2
Main Foundings
Remark 主な時代:縄文時代中期から後期
Site Type
集落
Main Age
縄文
Main Features
盛土遺構
竪穴住居跡3
土坑21
焼土10
集石2
小ピット1
配石列2
Main Foundings
涌元式土器
Remark 主な時代:縄文時代後期前葉
Abstract [館崎遺跡 要約]
縄文時代前期後葉から中期中葉、後期前葉の集落。盛土遺構、竪穴住居跡、墓、土坑、柱穴、焼土などが複雑に重なり合って検出された。集落の変遷が、土層堆積状況、遺構の重複状況、住居形態、土器型式などから明らかになった。前期末様の盛土遺構堆積の変化に従って、住居長軸が大きく変化し、散漫な土地利用から偏った土地利用へ変遷する過程をとらえることができた。遺構群は、中期中葉の時点で二本の土手状の盛土と、その間の溝状の道路という人為地形を形成するに至っている。土器は、円筒土器下層式C式から見晴町式まで連続的に確認されただけでなく、950個体近く復元された。出土状況は、破片状態のほか、正立、倒立、横転状態で散逸していない状態のものが多かった。剥片石器は、頁岩製主体。頁岩産地のため、多数の石核がある。また、現存長37cmと列島内最大級の岩偶、北海道初となる長野県域産黒曜石製石鏃、56点と東北以北最多量の滑石製主体のけつ状耳飾なども含まれた。骨角器には、銛頭や釣針などの漁具が多い。動物はオットセイ、ウトウ、アイナメ類、ソイ類など海産生物が主体。植物では、オニグルミ殻が多かったほか、ヒエ属種実が確認され、クリ花粉が多量に確認された。花粉の状況から集落に重なるようにクリの純林が存在したことが推定される。 
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 426
File download : 447

All Events

外部出力