奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
29195 reports
( Participation 576 Orgs )
report count
92312 reports
( compared to the privious fiscal year + 4313 reports )
( Participation 1775 Orgs )
site summary count
137754 reports
( compared to the privious fiscal year + 2006 reports )
現在の文化財論文件数
15282 reports
( compared to the privious fiscal year + 14465 reports )
video count
582 reports
( compared to the privious fiscal year + 172 reports )
( Participation 58 Orgs )
文化財イベント件数
547 reports
( compared to the privious fiscal year + 39 reports )
※過去開催分含む

石井要害跡Ⅳ

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/70673
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.70673
引用表記 一般財団法人 米子市文化財団 埋蔵文化財調査室 2020 『一般財団法人米子市文化財団埋蔵文化財発掘調査報告書19:石井要害跡Ⅳ』一般財団法人 米子市文化財団 埋蔵文化財調査室
一般財団法人 米子市文化財団 埋蔵文化財調査室 2020 『石井要害跡Ⅳ』一般財団法人米子市文化財団埋蔵文化財発掘調査報告書19
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book|和書|first=浩樹|last=高橋|title=石井要害跡Ⅳ|origdate=2020-03-26|date=2020-03-26|url=https://sitereports.nabunken.go.jp/70673|location=鳥取県米子市福市281番地|ncid=BB28172965|doi=10.24484/sitereports.70673|series=一般財団法人米子市文化財団埋蔵文化財発掘調査報告書|volume=19}} 閉じる
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
Title 石井要害跡Ⅳ
Participation-organizations (一財)米子市文化財団 - 鳥取県
Alternative いしいようがいあとよん
Subtitle
Volume
Series 一般財団法人米子市文化財団埋蔵文化財発掘調査報告書
Series Number 19
Author
Editorial Organization
一般財団法人 米子市文化財団 埋蔵文化財調査室
Publisher
一般財団法人 米子市文化財団 埋蔵文化財調査室
Publish Date 20200326
Publisher ID 31202
ZIP CODE 683-0011
TEL 0859260455
Aaddress 鳥取県米子市福市281番地
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
所収論文
Site
Site Name 石井要害跡 第4次調査
Site Name Transcription いしいようがいあと
Order in book
Address 鳥取県米子市石井
Address Transcription とっとりけんよなごしいしい
City Code 31202
Site Number 156
North Latitude (JGD) 352418
East Longitude (JGD) 1332051
North Latitude (WGS)
East Longitude (WGS)
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 35.4081 133.344799
※初期画面を表示しますので、該当場所に直接遷移しません。
Research Period
20190819-20191016
Research Space
500
Research Causes 急傾斜地対策工事
OverView
Site Type
城館
Main Age
室町
戦国
安土桃山
江戸
Main Features
腰郭
土塁
段状遺構
Main Foundings
陶磁器
土師器
須恵器
瓦質土器
Remark
Abstract  石井要害跡は、米子市西部に位置し、加茂川左岸の標高29mの独立丘陵上に位置する。今回の調査は、出丸と称される丘陵の頂部平坦面の東側とその北東側斜面の調査実施した。
 第1次、第2次調査では、Ⅰ期からⅢ期の3時期に時期区分されていたが、今回の調査では、第3次調査と同様に5面の遺構面を確認しており、従来のⅡ期がⅡ-1期からⅡ-3期に細分され、全体として5時期に時期区分されると考えられる。
 調査の結果、Ⅰ期(15世紀後半)には、頂部平坦面で北東-南西方向に伸びると考えられる土塁1を検出し、規模は検出した範囲で長さ4.5m、幅は検出面での上端で3.6~5m、残存高0.35mを測る。土塁1は第1次調査地の曲輪1の縁辺部にも巡っていたと考えられる。また、腰郭11、腰郭12の2郭が構築されており、腰郭11は掘削を行わなかったが、切岸の下部で平坦面の一部を確認しており、頂部平坦面との比高差は3mを測る。
 Ⅱ期(16世紀前半から中頃)には、Ⅱ-1期からⅡ-3期に細分されるが、各時期がどれくらいの時期幅を有するかは不明である。Ⅱ-1期にはⅠ期の腰郭11と腰郭12を版築状に埋め立てるとともに、同じくⅠ期の土塁1の両側を削平して頂部平坦面の郭1の拡張を行っている。Ⅱ-2期にはⅠ期からⅡ-1期にかけて存在した土塁1は郭1の造成によって土塁1の上面まで埋め立てられ、郭1を南北に隔てる防御あるいは区画施設としての役割は終焉を迎える。一方、北東側斜面の腰郭9の平坦面では4基のピットを検出したが、掘立柱建物跡や柵列として断定できるものではなかった。Ⅱ-3期には北東側斜面の腰郭9の平坦面ではピットは検出されず、建物等の施設は存在しなかったものと考えられる。
 Ⅲ期には、北東側斜面の平坦地は畑地化されたと考えられ、そま排水用と考えられる現代の溝状遺構を検出した。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 104
File download : 77

All Events

外部出力