奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
PDFがある書誌登録数
28885 件
( 発行機関数 567 機関 )
現在の書誌登録数
89274 件
( 前年度比 + 1256 件 )
( 発行機関数 1744 機関 )
現在の遺跡抄録件数
137315 件
( 前年度比 + 1631 件 )
現在の文化財論文件数
15116 件
( 前年度比 + 14299 件 )
現在の文化財動画件数
488 件
( 前年度比 + 78 件 )
( 登録機関数 55 機関 )
文化財イベント件数
529 件
( 前年度比 + 21 件 )
※過去開催分含む

長野県松本市松本城下町跡本町第8次発掘調査報告書

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/63626
DOI QRコード
QRコードダウンロード
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.63626
引用表記 松本市教育委員会 2019 『松本市文化財調査報告234:長野県松本市松本城下町跡本町第8次発掘調査報告書』
松本市教育委員会 2019 『長野県松本市松本城下町跡本町第8次発掘調査報告書』松本市文化財調査報告234
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book|和書|first=奈津実|last=小山|first2=仁美|last2=鈴木|first3=いず美|last3=高山|first4=靖長|last4=竹内|first5=健司|last5=原田|first6=亮|last6=宮下|title=長野県松本市松本城下町跡本町第8次発掘調査報告書|origdate=2019-03-26|date=2019-03-26|url=https://sitereports.nabunken.go.jp/63626|location=松本市丸の内3-7|ncid=BB28879423|ncid=BB28875524|doi=10.24484/sitereports.63626|series=松本市文化財調査報告|volume=234}} 閉じる
ファイル
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
書名 長野県松本市松本城下町跡本町第8次発掘調査報告書
発行(管理)機関 松本市 - 長野県
書名かな ながのけんまつもとしまつもとじょうかまちあとほんまちだい8じはっくつちょうさほうこくしょ
副書名
巻次
シリーズ名 松本市文化財調査報告
シリーズ番号 234
編著者名
編集機関
松本市教育委員会
発行機関
発行年月日 20190326
作成機関ID 20202
郵便番号 3908620
電話番号 0263343000
住所 松本市丸の内3-7
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・保存管理計画)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
他の電子リソース
備考
所収論文
所収遺跡
遺跡名 松本城下町跡本町 第8次
遺跡名かな まつもとじょうかまちあとほんまち
本内順位
遺跡所在地 長野県松本市中央2丁目20番2ほか
所在地ふりがな ながのけんまつもとしちゅうおう2ちょうめ20ばん2
市町村コード 20202
遺跡番号 157
北緯(日本測地系)度分秒 361358
東経(日本測地系)度分秒 1375811
北緯(世界測地系)度分秒
東経(世界測地系)度分秒
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 36.2359 137.9666
調査期間
20150803-20160913
調査面積(㎡)
4177
調査原因 民間建物建設事業
遺跡概要
種別
集落
時代
戦国
江戸
主な遺構
建物跡4
敷地堺跡5
石列8
集石遺構6
溝状遺構33
水道遺構11
礎石1
炭範囲32
土坑311
ピット261
主な遺物
陶磁器(肥前産、瀬戸・美濃産ほか)
土器(内耳鍋ほか)
木製品(漆器、下駄、木札ほか)
石製品(碁石、砥石ほか)
金属製品(煙管、銭貨ほか)
寛永通宝鋳造関連遺物
特記事項  A・B区Ⅰ・Ⅱ検の御使者宿の推定地から、礎石建ち建物址や飛石遺構など通常の町人屋敷では見られない遺構が検出され、高級茶器や焼塩壺、海産物などの食材も出土している。
 A・B区Ⅰ・Ⅱ検の整地層中から松本銭(寛永14~17年に松本銭座で鋳造された寛永通宝)の鋳造関連資料が出土した。
 A・B区Ⅳ検では、杭列を伴う蛇行する溝が検出された。
要約  GLから150cm程度は撹乱により、調査はできなかった。撹乱直下から17世紀後半~18世紀後半の生活面(Ⅰ検)を確認した。そこから城下町が成立する以前の堆積層(Ⅴ検)まで1面ずつ調査を実施した。出土遺構から、各検出面の時期は、Ⅱ検が17世紀前半~18世紀中頃、Ⅲ検が16世紀末~17世紀初頭、Ⅳ検が14~15世紀・16世紀末~17世紀初頭、Ⅴ検が14~15世紀以前と考えられる。
 今回の調査により、城下町成立時(16世紀末)の方形状区画の屋敷割りから、段階を経て、17世紀後半までに近世的な城下町に発展していく変遷が確認できた。これまで、城下町初期の様子が不明確であったため、町の歴史的変遷を検討する上で貴重な資料となった。また、Ⅰ・Ⅱ検では、絵図上に記されている御使者宿(公的な宿泊施設)に帰属すると考えられる遺構・遺物が確認できた。
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 1030
ファイルダウンロード数 : 202

全国のイベント

外部出力