奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
30283 reports
( Participation 600 Orgs )
report count
112704 reports
( compared to the privious fiscal year + 24758 reports )
( Participation 1859 Orgs )
site summary count
138747 reports
( compared to the privious fiscal year + 2836 reports )
現在の文化財論文件数
23271 reports
( compared to the privious fiscal year + 22454 reports )
video count
688 reports
( compared to the privious fiscal year + 278 reports )
( Participation 67 Orgs )
文化財イベント件数
604 reports
( compared to the privious fiscal year + 96 reports )
※過去開催分含む
Prefecture List > All Prefecture > 神戸市立博物館研究紀要

神戸市立博物館研究紀要

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/114978
引用表記 2015 『神戸市立博物館研究紀要31』神戸市立博物館
2015 『神戸市立博物館研究紀要31』
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book|和書|first=|last=神戸市立博物館|title=神戸市立博物館研究紀要|origdate=2015-03-31|date=2015-03-31|url=https://sitereports.nabunken.go.jp/114978|volume=31}} 閉じる
File
3次元画像
Title 神戸市立博物館研究紀要
Participation-organizations 神戸市立博物館 - 兵庫県
Alternative こうべしりつはくぶつかんけんきゅうきよう
Subtitle
Volume 31
Series
Series Number
Author
Editorial Organization
Publisher
神戸市立博物館
Publish Date 20150331
Publisher ID
ZIP CODE
TEL
Aaddress
Report Type annual
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
所収論文
Japanease Title 世界四大洲図・四十八ヵ国人物図屏風考ー典拠と成立事情をめぐって
English Title A Consideration of Regional Map with Pictures of Forty-eight Foreign Peoples
Auther
勝盛 典子 , Katsumori Noriko
Pages 1 - 22
NAID
Prefecture
Age
文化財種別
遺跡種別
遺物(材質分類)
学問種別
テーマ
Related Url
引用表記
wikipedia 出典テンプレート : {{Citation ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{Citation|first=典子|last=勝盛|contribution=世界四大洲図・四十八ヵ国人物図屏風考ー典拠と成立事情をめぐって|title=神戸市立博物館研究紀要|date=2015-03-31|url=https://sitereports.nabunken.go.jp/114978|volume=31}} 閉じる
Abstract 「世界四大洲図・四十八ヵ国人物図屏風」(神戸市立博物館蔵) は、世界の四大陸と四十八ヵ国の人物図を描く六曲一双の地図屏風である。筆者は、壁地図「ブラウ世界図」と「フィッセル改訂ブラウ世界図」(いずれも東京国立博物館蔵) の舶載時期を明らかにする目的で。17世紀から18世紀前半の『オランダ商館長日記』やオランダ側の貿易文書から地図や天地球儀にかかわる情報を抽出し、日本側の資料とあわせて検討するなかで、1690年の仕訳帳に記載された4枚の大陸図が本屏風の典拠となったファルク製壁地図であるとの推論に至った。 本稿は、『オランダ商館長日記』、唐絵目利や万国人物図についての関係資料を新たに提出したうえで、図像の典拠と屏風の成立年代および制作者 (画家) を明らかにするために、本屏風の内容を読み解き、その成立事情について考察した。その結果、これまで、長崎系の画家による18世紀後半から19世紀の作品とされてきた本屏風について、1690年舶載のファルク壁地図を、1718年に八代将軍徳川吉宗に献上する目的で模写したものであることを明らかにした。また、献上品にふさわしく、最先端の海外情報を盛り込んだうえで再構築した東西世界を象徴する図像を、長崎奉行に仕える阿蘭陀通詞と絵師が総力を結集して制作した作品であることを提示し、画家については、御用絵師兼唐絵目利の小原慶山 (?~1733) が関与した可能性を指摘した。
Japanease Title 歌川国芳《通俗水滸伝豪傑百八人之一個 (一人) 》の制作をめぐって
English Title Focus on the Series ‟One of the 108 Heroes of the Popular Water Margin (Tsūzoku Suikoden Gōketsu Hyakuhachinin no Hitori) ”
Auther
中山 創太 , Nakayama Sota
Pages 23 - 35
NAID
Prefecture
Age
文化財種別
遺跡種別
遺物(材質分類)
学問種別
テーマ
Related Url
引用表記
wikipedia 出典テンプレート : {{Citation ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{Citation|first=創太|last=中山|contribution=歌川国芳《通俗水滸伝豪傑百八人之一個 (一人) 》の制作をめぐって|title=神戸市立博物館研究紀要|date=2015-03-31|url=https://sitereports.nabunken.go.jp/114978|volume=31}} 閉じる
Abstract 歌川国芳 (1797-1861) は、江戸時代後期に活躍した浮世絵師であり、役者絵、美人画、風景版画、戯画など多岐にわたる分野の作品を手がけた。国芳が最も得意とした分野は、軍記物語や説話の登場人物を描いた「武者絵」であった。本稿では文政10年 (1827) 頃から天保7年 (1836) 頃まで刊行された揃物《通俗水滸伝豪傑百八人之一個 (一人) 》について、国芳の運動表現、絵手本利用といった「画法の研究」を考察した。
Japanease Title 文献資料に見る鶴亭
English Title A Study of Kakutei : his Activities confirmed from the 18-19th Century Texts.
Auther
石沢 俊 , Ishizawa Shun
Pages 37 - 52
NAID
Prefecture
Age
文化財種別
遺跡種別
遺物(材質分類)
学問種別
テーマ
Related Url
引用表記
wikipedia 出典テンプレート : {{Citation ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{Citation|first=俊|last=石沢|contribution=文献資料に見る鶴亭|title=神戸市立博物館研究紀要|date=2015-03-31|url=https://sitereports.nabunken.go.jp/114978|volume=31}} 閉じる
Abstract 鶴亭 (1722~85) は長崎出身の黄檗僧で、18世紀の京・大坂に南蘋風花鳥画を初めてもたらした重要な画家である。本稿で鶴亭と同時代の画論、漢詩集、日記などを対象として、鶴亭がどのように語れてきたかを確認することを目的とする。黄檗僧、画家、俳諧・狂歌師としてさまざまに語られる姿を確認したが、なかでも、同時代の文人たちの漢詩文や池大雅との書簡等からは、鶴亭と文人たちの親しい交わりの一端を紹介した。あわせて、『蒹葭堂日記』の記述から、鶴亭が木村蒹葭堂と長きにわたり親しく交わったのみでなく、鶴亭歿後も蒹葭堂や鶴亭の弟子たちが鶴亭の顕彰を行った可能性を指摘した。
Site
Abstract
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 29
File download : 0

All Events

外部出力