Headerlogo en 奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
24573 reports
( Participation 475 Orgs )
report count
68839 reports
( compared to the privious fiscal year + 75 reports )
( Participation 1684 Orgs )
site summary count
130300 reports
( compared to the privious fiscal year + 119 reports )
Prefecture List > 長崎県 > 雲仙市 > 伊古遺跡2

伊古遺跡2

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/46582
引用表記 雲仙市教育委員会 2009 『雲仙市文化財調査報告書6:伊古遺跡2』雲仙市教育委員会
雲仙市教育委員会 2009 『伊古遺跡2』雲仙市文化財調査報告書6
File
3次元画像
Title 伊古遺跡2
Participation-organizations Banner 雲仙市 - 長崎県
Alternative いこいせきに
Subtitle 縄文時代草創期編
Volume
Series 雲仙市文化財調査報告書
Series Number 6
Author
Editorial Organization
雲仙市教育委員会
Publisher
雲仙市教育委員会
Publish Date 20090331
Publisher ID
ZIP CODE 854-0492
TEL 0957-37-3113
Aaddress 長崎県雲仙市千々石町戊582
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Site
Site Name 伊古遺跡
Site Name Transcription いこいせき
Order in book 1
Address 長崎県雲仙市瑞穂町西郷伊古名
Address Transcription ながさきけんうんぜんしみずほちょういこみょう
City Code 42213
Site Number 85-60
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 325157
East Longitude (WGS) 1301440
Research Period
20050817-20070320
Research Space
800
Research Causes 圃場整備
OverView
Site Type
散布地
Main Age
縄文
Main Features
石器集中
Main Foundings
細石刃
細石核
尖頭器
石斧
抉入石器
スクレイパー
Remark 縄文時代草創期の崖下遺跡。細石刃作製遺跡。

種別:包含地
主な時代:縄文草創期
Abstract [伊古遺跡 要約]
伊古遺跡は、島原半島北側に広がる雲仙普賢岳の麓扇状台地上の水田地帯に位置し、西には西郷川が流れ、東には比高差5mほどの舌状丘陵がのびる。細石器集中地点が検出されたのは、まさに丘陵崖下のD2区北東部分及びC区である。多くの細石核や細石刃などのほかに、ブランク調整時や打面の調整時の剥片・チップと考えられる小剥片、打面再生剥片やスポールなど、細石刃作製に関わる黒曜石片の出土が1500点を超え、県内の開地遺跡としては茶園遺跡に次ぐ出土量を誇る。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 15
File download : 0

All Events

外部出力