奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
27975 reports
( Participation 543 Orgs )
report count
88323 reports
( compared to the privious fiscal year + 269 reports )
( Participation 1738 Orgs )
site summary count
135923 reports
( compared to the privious fiscal year + 269 reports )
現在の文化財論文件数
1141 reports
( compared to the privious fiscal year + 324 reports )
video count
413 reports
( compared to the privious fiscal year + 2 reports )
( Participation 47 Orgs )
文化財イベント件数
510 reports
( compared to the privious fiscal year + 2 reports )
※過去開催分含む

唐沢古墳群

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/90395
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.90395
引用表記 静岡県埋蔵文化財センター 2021 『静岡県埋蔵文化財センター調査報告62:唐沢古墳群』静岡県埋蔵文化財センター
静岡県埋蔵文化財センター 2021 『唐沢古墳群』静岡県埋蔵文化財センター調査報告62
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
Title 唐沢古墳群
Participation-organizations 静岡県埋蔵文化財センター - 静岡県
Alternative からさわこふんぐん
Subtitle 令和元年度~2年度 畑地帯総合整備事業(担い手支援型)三ヶ日みかんの里地区農地造成工事に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
Volume
Series 静岡県埋蔵文化財センター調査報告
Series Number 62
Author
Editorial Organization
静岡県埋蔵文化財センター
Publisher
静岡県埋蔵文化財センター
Publish Date 20210226
Publisher ID 22000
ZIP CODE 4213203
TEL 0543855500
Aaddress
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
所収論文
Site
Site Name 唐沢古墳群
Site Name Transcription からさわこふんぐん
Order in book
Address 静岡県浜松市北区三ヶ日町日比沢
Address Transcription しずおかけんはままつしきたくみっかびちょうひびさわ
City Code 22202
Site Number
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 344837
East Longitude (WGS) 1373112
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 34.810277 137.52
Research Period
20190704-20200305
Research Space
625
Research Causes 農地整備
OverView
Site Type
古墳
Main Age
古墳
Main Features
横穴式石室墳
Main Foundings
須恵器
大刀
鉄鏃
刀子
Remark 直径8.9mの円墳で外護列石、墳丘内石列を検出。埋葬施設は胴張りを呈する無袖式石室。
Abstract 唐沢1号墳は遠江Ⅳ期後半に築造された直径8.9m、残存高さ1.45mの円墳である。墳丘構造は2重の墳丘内石列、外護列石を有する。石室は残存長3.8m、石室幅1.2m、残存高さ1.2mを有し、胴張りを呈する無袖式石室を検出した。石室床面は、2面確認し、遠江Ⅳ期後半以降に2回の埋葬が行われたと考えられる。副葬品は遠江Ⅳ期後半の須恵器摘蓋、坏身、フラスコ型瓶、高坏などが出土し、湖西窯産である。大刀は側壁に立てかけられた状態で出土し、大刀の責金具は金銅装であった。鉄鏃は、平根式腸抉三角鏃1点、平根式腸抉柳葉鏃1点、尖根式片刃箭鏃2点が出土した。小規模な古墳ながらも墳丘内石列、外護列石を有し、飾り大刀をもつことから浜名湖北岸における有力家長層を想定した。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 27
File download : 24

All Events

外部出力