奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
30331 reports
( Participation 600 Orgs )
report count
112714 reports
( compared to the privious fiscal year + 24774 reports )
( Participation 1859 Orgs )
site summary count
138782 reports
( compared to the privious fiscal year + 2865 reports )
現在の文化財論文件数
23329 reports
( compared to the privious fiscal year + 22512 reports )
video count
699 reports
( compared to the privious fiscal year + 289 reports )
( Participation 68 Orgs )
文化財イベント件数
605 reports
( compared to the privious fiscal year + 97 reports )
※過去開催分含む

向中野幅遺跡 第3・4次調査 盛岡市新産業等用地整備事業に伴う発掘調査報告書

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/70178
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.70178
引用表記 盛岡市遺跡の学び館 2019 『向中野幅遺跡 第3・4次調査 盛岡市新産業等用地整備事業に伴う発掘調査報告書』盛岡市他
盛岡市遺跡の学び館 2019 『向中野幅遺跡 第3・4次調査 盛岡市新産業等用地整備事業に伴う発掘調査報告書』
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book|和書|first=公顕|last=今野|title=向中野幅遺跡 第3・4次調査 盛岡市新産業等用地整備事業に伴う発掘調査報告書|origdate=2019-09-30|date=2019-09-30|url=https://sitereports.nabunken.go.jp/70178|location=岩手県盛岡市本宮字荒屋13番地1|ncid=BB2978049X|doi=10.24484/sitereports.70178}} 閉じる
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
Title 向中野幅遺跡 第3・4次調査 盛岡市新産業等用地整備事業に伴う発掘調査報告書
Participation-organizations 盛岡市遺跡の学び館 - 岩手県
Alternative むかいなかのはばいせき だい3・4じちょうさ もりおかししんさんぎょうとうようちせいびじぎょうにともなうはっくつちょうさほうこくしょ
Subtitle
Volume
Series
Series Number
Author
Editorial Organization
盛岡市遺跡の学び館
Publisher
盛岡市
盛岡市教育委員会
Publish Date 20190930
Publisher ID
ZIP CODE 0200866
TEL 0196356600
Aaddress 岩手県盛岡市本宮字荒屋13番地1
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
所収論文
Site
Site Name 向中野幅遺跡 第3・4次
Site Name Transcription むかいなかのはばいせき
Order in book 1
Address 岩手県盛岡市向中野字幅・字畑返
Address Transcription いわてけんもりおかしむかいなかのあざはば・あざはたがえし
City Code 03201
Site Number LE26-0371
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 394017
East Longitude (WGS) 1410848
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 39.671388 141.146666
※当該位置周辺を表示し、同一名称の遺跡データが存在する場合は遺跡をポイント表示します。
Research Period
20171121-20171206
20180709-20180928
Research Space
2568
10847
Research Causes 盛岡市新産業等用地整備事業
OverView
Site Type
集落
Main Age
縄文
平安
近世(細分不明)
近代(細分不明)
Main Features
縄文時代以降土坑
平安時代以降溝跡・土坑
Main Foundings
弥生時代土器
平安時代土器
近世以降陶磁器
近世以降木製品
近代以降ガラス瓶
近代以降陶磁器
Remark
Abstract  本遺跡周辺には,古代から中~近世の遺跡が数多く分布する。これら「盛南地区遺跡群」は,平安時代初頭の延暦22 年(803)に,政府が造営した古代城柵「志波城」の南東方に位置する。これまでの発掘調査で,7世紀から10 世紀頃まで「志波蝦夷(エミシ)」が拠点とした古代集落群や,中~近世の居館跡,集落跡等が確認されている。
 向中野幅遺跡は,盛南地区遺跡群の南東端に位置し,古代の集落や,近世のため池跡(道明堤)があったと考えられている。
 本発掘調査では,近世のため池や鳥溜りの「道明堤」の跡とされていた本遺跡周辺が,発掘調査の結果,縄文時代及び古代以降現代まで狩場や農地として使われてきた場所と考えられるという成果とともに,古絵図等の調査から「道明堤」は本遺跡よりも西方にあった可能性が考えられる成果があがった。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 701
File download : 432

All Events

外部出力