奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
26879 reports
( Participation 526 Orgs )
report count
84921 reports
( compared to the privious fiscal year + 16266 reports )
( Participation 1692 Orgs )
site summary count
135587 reports
( compared to the privious fiscal year + 4420 reports )
video count
332 reports
( compared to the privious fiscal year + 332 reports )
( Participation 34 Orgs )

牛潟(1)遺跡5

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/32853
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.32853
引用表記 つがる市教育委員会 2010 『つがる市遺跡調査報告書4:牛潟(1)遺跡5』つがる市教育委員会
つがる市教育委員会 2010 『牛潟(1)遺跡5』つがる市遺跡調査報告書4
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
Title 牛潟(1)遺跡5
Participation-organizations つがる市 - 青森県
Alternative うしがたかっこ1いせき5
Subtitle
Volume
Series つがる市遺跡調査報告書
Series Number 4
Author
Editorial Organization
つがる市教育委員会
Publisher
つがる市教育委員会
Publish Date 20100331
Publisher ID 02209
ZIP CODE 0383138
TEL 0173491194
Aaddress つがる市木造若緑52
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Site
Site Name 牛潟(1)遺跡
Site Name Transcription うしがたかっこ1いせき
Order in book 1
Address 青森県つがる市牛潟町鷲野沢100-7,29-243
Address Transcription あおもりけんつがるしうしがたちょうわしのさわ100-7,29-243
City Code 02209
Site Number 209101
North Latitude (JGD) 405618
East Longitude (JGD) 1402104
North Latitude (WGS) 405628
East Longitude (WGS) 1402052
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 40.941111 140.347777
Research Period
20070514-20071031
Research Space
1200
Research Causes 土砂採取
OverView
Site Type
集落
Main Age
縄文
平安
Main Features
フラスコ状土坑
土坑
ピット
竪穴住居跡?
盛土
畠跡
Main Foundings
円筒上層式土器
縄文後期初頭土器
石器
大洞式土器
土師器
最花式土器
Remark 東斜面上に分布する縄文中期~後期初頭の遺構群を確認。
縄文晩期を中心に東斜面上に構築された盛土を確認。
平安期の遺構として、東斜面上に傾斜方向に従い畝立てされた約1,000㎡に及ぶ白頭山苫小牧火山灰降灰以後の畠跡を確認
Site Name 牛潟(1)遺跡
Site Name Transcription うしがたかっこ1いせき
Order in book 2
Address 青森県つがる市牛潟町鷲野沢100-7
Address Transcription あおもりけんつがるしうしがたちょうわしのさわ100-7
City Code 02209
Site Number 209101
North Latitude (JGD) 405621
East Longitude (JGD) 1402104
North Latitude (WGS) 405631
East Longitude (WGS) 1402059
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 40.941944 140.349722
Research Period
20080601-20081003
20090901-20091002
Research Space
3000
1500
Research Causes 土砂採取
OverView
Site Type
集落
Main Age
縄文
平安
Main Features
竪穴住居跡
土坑墓
埋設土器
落とし穴
フラスコ状土坑
土坑
ピット
盛土
畠跡
柵列跡?
炉跡?
Main Foundings
円筒下層式土器
円筒上層式土器
最花式土器
大洞式土器
石器
土師器
須恵器
Remark 遺構は縄文前期末葉~中期中葉、中期後葉のものがあり、主体は前期末葉。平安期には北緩斜面~平坦面上に約1,500㎡に及ぶ白頭山苫小牧火山灰降灰以後の畠跡を確認
Abstract 2007(平成19)年度調査地点で、数mに及ぶ厚い砂丘砂(新砂丘)の直下に、東斜面上に構築された約1,000㎡に及ぶ10世紀前半とされる白頭山苫小牧火山灰(B-Tm)降灰以後の平安時代の畠跡を確認。その下に、東斜面上に分布する縄文中期~後期初頭の遺構群と、晩期の盛土や遺構群を確認。
2008(平成20)年度調査地点では、数mに及ぶ厚い砂丘砂(新砂丘)の直下に、北緩斜面~平坦面上に構築された約1,500㎡に及ぶ世紀前半とされる白頭山苫小牧火山灰(B-Tm)降灰以後の平安時代の畠跡を確認。北斜面上の畠跡は傾斜に従い南北方向に、平坦面上の畠跡はこれと直交するように東西方向に畝立てされている。
2008・2009(平成20・21)年度調査地点では、平安時代の畠跡の下に、縄文前期末葉~中期中葉、中期後葉の遺構群を確認。その主体は、縄文前期末葉である。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 213
File download : 248

All Events

外部出力

Similar Reports

Similar Events