奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
26856 reports
( Participation 526 Orgs )
report count
84908 reports
( compared to the privious fiscal year + 16251 reports )
( Participation 1692 Orgs )
site summary count
135534 reports
( compared to the privious fiscal year + 4398 reports )
video count
322 reports
( compared to the privious fiscal year + 322 reports )
( Participation 34 Orgs )

富士石遺跡Ⅲ 第二東名№142地点 縄文時代以降編

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/21603
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.21603
引用表記 静岡県埋蔵文化財センター 2012 『静岡県埋蔵文化財センター調査報告7:富士石遺跡Ⅲ 第二東名№142地点 縄文時代以降編長泉町-11』静岡県埋蔵文化財センター
静岡県埋蔵文化財センター 2012 『富士石遺跡Ⅲ 第二東名№142地点 縄文時代以降編長泉町-11』静岡県埋蔵文化財センター調査報告7
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
Title 富士石遺跡Ⅲ 第二東名№142地点 縄文時代以降編
Participation-organizations 静岡県埋蔵文化財センター - 静岡県
Alternative ふじいしいせきさん だにとうめいなんばーひゃくよんじゅうにちてん じょうもんじだいいこうへん
Subtitle 第二東名建設事業に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
Volume 長泉町-11
Series 静岡県埋蔵文化財センター調査報告
Series Number 7
Author
Editorial Organization
静岡県埋蔵文化財センター
Publisher
静岡県埋蔵文化財センター
Publish Date 20120316
Publisher ID 22000
ZIP CODE 4228002
TEL 0542624261
Aaddress 静岡県静岡市駿河区谷田23番20号
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
第1分冊 第2分冊
Site
Site Name 富士石遺跡
Site Name Transcription ふじいしいせき
Order in book
Address 静岡県駿東郡長泉町東野字八分平285-18他
Address Transcription しずおかけんすんとうぐんながいずみちょうひがしのあざはちぶだいら285-18ほか
City Code 22342
Site Number
North Latitude (JGD) 350942
East Longitude (JGD) 1385255
North Latitude (WGS) 350953
East Longitude (WGS) 1385244
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 35.164722 138.878888
Research Period
20001100-20040000
20060000-20090000
Research Space
52365
Research Causes 第二東名建設事業
OverView
Site Type
集落
Main Age
縄文
弥生
古墳
奈良
平安
鎌倉
Main Features
竪穴住居
集積
土坑
炉跡
竪穴状遺構
配石遺構
石器埋納遺構
埋甕
カマド
遺物集中
溝跡
炉跡
Main Foundings
縄文土器
石器
弥生土器
石製品
土師器
須恵器
灰釉陶器
鉄製品
中世陶器
山茶碗
Remark
Abstract  富士石遺跡は後期旧石器時代から中世にわたる複合遺跡である。そのうち縄文時代以降、休場層上層より上位の調査成果を収録した。本書で中心になるのは縄文時代早期~前期の集落跡で、特に清水柳E類土器、野島式土器等縄文時代早期後半の土器が大量に出土している。
 尾根部には竪穴住居跡が確認されているが、谷地形内の遺構・遺物tの出土状況からも生業域として機能していた可能性を示す。また、弥生時代以降の遺構・遺物tも散見され、該期の土地利用が推定される。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 374
File download : 307

All Events

外部出力

Similar Reports

Similar Events