Headerlogo en 奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
24569 reports
( Participation 475 Orgs )
report count
68831 reports
( compared to the privious fiscal year + 66 reports )
( Participation 1684 Orgs )
site summary count
130289 reports
( compared to the privious fiscal year + 107 reports )

東庄内A遺跡(第2次)発掘調査報告

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/21037
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.21037
引用表記 三重県埋蔵文化財センター 2009 『三重県埋蔵文化財調査報告:東庄内A遺跡(第2次)発掘調査報告』三重県埋蔵文化財センター
三重県埋蔵文化財センター 2009 『東庄内A遺跡(第2次)発掘調査報告』三重県埋蔵文化財調査報告
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
Title 東庄内A遺跡(第2次)発掘調査報告
Participation-organizations Banner 三重県埋蔵文化財センター - 三重県
Store Page https://www.d-pub.co.jp/shop/products/list.php?publisher_name=%E4%B8%89%E9%87%8D%E7%9C%8C
※ 有償頒布・配布していない場合もあります
Alternative ひがししょうないAいせき(だいにじ)はっくつちょうさほうこく
Subtitle
Volume
Series 三重県埋蔵文化財調査報告
Series Number
Author
Editorial Organization
三重県埋蔵文化財センター
Publisher
三重県埋蔵文化財センター
Publish Date 20090100
Publisher ID
ZIP CODE 5150325
TEL 0596521732
Aaddress 三重県多気郡明和町竹川503
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
表紙シリーズ番号 : 301
近畿自動車道名古屋関線(鈴鹿付加車線)建設事業
出土遺物総重量 : 201kg
Site
Site Name 東庄内A遺跡
Site Name Transcription ひがししょうないAいせき
Order in book
Address 鈴鹿市東庄内町
Address Transcription すずかしひがししょうないまち
City Code 24207
Site Number 983
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 345407
East Longitude (WGS) 1362822
Research Period
20070727-20071009
Research Space
300
Research Causes 平成19年度近畿自動車道名古屋関線(鈴鹿付加車線)建設事業
OverView
Site Type
集落
Main Age
中世(細分不明)
縄文
Main Features
縄文早期-煙道付炉穴
Main Foundings
縄文早期-押型文土器
磨石
敲石
Remark 時代 : 縄文早期 縄文後期
Site Type
Main Age
Main Features
縄文後期-土坑
Main Foundings
縄文後期-中津式土器
Remark
Site Type
Main Age
Main Features
中世-掘立柱建物
Main Foundings
中世-陶器山茶椀
Remark
Abstract 東庄内A遺跡は昭和43年度に第1次調査が行われ、土壙や掘立柱建物を検出した遺跡である。遺物は早期押型文土器や後期初頭の土器が多数検出され、特に完形に復原できる縄文後期の深鉢が出土したことで知られる。本第2次調査では煙道付炉穴2基(縄文時代早期)や土坑、溝などを検出した。煙道付炉穴のうち、SF37は、遺存状況がきわめて良好であった。遺物は土器小片と石器を検出したにとどまったが、類例や包含層出土遺物から推定すると、縄文時代早期前半に属するものと判断できた。この他の遺構も遺物の出土は少なく、時期を特定できるものは少ない。遺物は縄文早期、中期末から後期初頭の土器が一定量出土した。また磨石、台石なども確認された。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 107
File download : 96

All Events

外部出力

Similar Reports

Similar Events