Headerlogo en 奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
24041 reports
( Participation 469 Orgs )
report count
64002 reports
( compared to the privious fiscal year + 15594 reports )
( Participation 1596 Orgs )
site summary count
128369 reports
( compared to the privious fiscal year + 34025 reports )

新発田城跡 発掘調査報告書XI

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/16539
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.16539
引用表記 新発田市教育委員会 2016 『新発田市埋蔵文化財調査報告55:新発田城跡 発掘調査報告書XI』新発田市教育委員会
新発田市教育委員会 2016 『新発田城跡 発掘調査報告書XI』新発田市埋蔵文化財調査報告55
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Title 新発田城跡 発掘調査報告書XI
Alternative しばたじょうあと はっくつちょうさほうこくしょじゅういち
Subtitle 新発田城三階櫓・辰巳櫓復元工事及び石垣補強工事に先立つ埋蔵文化財発掘調査報告書 (第13~15地点)
Volume
Series 新発田市埋蔵文化財調査報告
Series Number 55
Author
Editorial Organization
新発田市教育委員会
Publisher
新発田市教育委員会
Publish Date 20160331
Publisher ID 15206
ZIP CODE 9592323
TEL 0254229534
Aaddress 新潟県新発田市乙次281番地2
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Site
Site Name 新発田城跡 第13地点
Site Name Transcription しばたじょうあと
Order in book 1
Address 新潟県新発田市大手町6丁目6-55ほか
Address Transcription にいがたけんしばたしおおてちょう6ちょうめ6-55ほか
City Code 15206
Site Number 92
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 375717
East Longitude (WGS) 1391932.41
Research Period
20000822-20000908
Research Space
64.4
Research Causes 新発田城三階櫓・辰巳櫓復元工事及び石垣補強工事
OverView
Site Type
城館
Main Age
江戸
Main Features
石垣
Main Foundings
近世陶磁器
Remark 石垣根石に墨痕(逆さ山笠)を確認した。石垣補強痕の一部(横木・杭)は築城初期の石垣基礎である可能性を有する。
Site Name 新発田城跡 第14地点
Site Name Transcription しばたじょうあと
Order in book 2
Address 新潟県新発田市大手町6丁目4-2
Address Transcription にいがたけんしばたしおおてちょう6ちょうめ4-2
City Code 15206
Site Number 92
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 375717.30
East Longitude (WGS) 1391934.80
Research Period
20010719-20010918
20020805-20021129
Research Space
140.9
Research Causes 新発田城辰巳櫓復元工事
OverView
Site Type
城館
Main Age
江戸
Main Features
礎石建物(櫓)
Main Foundings
近世陶磁器
Remark 櫓の規模・入口位置が判明。黒瓦葺きであったこと、石垣築石に朱書きがあることがわかった。
Site Name 新発田城跡 第15地点
Site Name Transcription しばたじょうあと
Order in book 3
Address 新潟県新発田市大手町6丁目6-56ほか
Address Transcription にいがたけんしばたしおおてちょう6ちょうめ6-56ほか
City Code 15206
Site Number 92
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 375719.40
East Longitude (WGS) 1391926.60
Research Period
20010910-20011011
20020924-20021010
20030424-20030425
Research Space
94.3
Research Causes 新発田城三階櫓復元工事
OverView
Site Type
城館
Main Age
江戸
Main Features
礎石建物(櫓)
Main Foundings
近世陶磁器
Remark 赤瓦葺きの時期があると判明。石垣の背面盛土に沿った排水溝を検出。
Abstract 三階櫓・辰巳櫓の復元及び石垣の補強工事に先立ち、石垣の内部構造と各櫓の最終段階の状況を確認するため、掘削範囲・深度を限定して発掘調査を実施した。辰巳櫓跡と三階櫓跡は、残存する基礎等の検出面までを掘削深度とし、以下は現況のまま埋め戻し保存した。
表門から旧二の丸隅櫓までの間は石垣盛土とその上面・前後をトレンチ発掘し、盛土上の土塀痕跡、盛土の堆積、石垣基礎(根石・胴木・根太木・杭木)と堀底の補強痕跡(横木・杭・置石)を検出した。また、堀を排水し、石垣下部の崩壊と積み直し痕跡、石垣前面堀底の補強痕跡も確認した。補強痕跡の一部については、築城初期の石垣基礎の可能性がある。また、堀底からは多数の瓦を採集した(第13地点)。
辰巳櫓跡は遺存状態が良好で、櫓基礎の土台石・礎石・配石・集石と櫓台石垣を検出し、櫓の規模と入口、石垣部分の状態が判明した。また、北側の堀の位置も確認した(第14地点)。
三階櫓跡は、東側の約三分の二が削平されており遺存は悪いが、櫓基礎の集積と角屋部分を含む櫓台石垣の一部を検出した。また、石垣盛土内で裏込めを支える石列、本丸側盛土の裾に沿った排水用の石組み溝を確認した(第15地点)。
このほか、今回の発掘調査・採集により得られた多数の瓦資料によって、新発田城で使用された瓦の特徴を再確認した。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 339
File download : 648

All Events

Similar Reports

Similar Events