奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
33614 reports
( Participation 638 Orgs )
report count
125275 reports
( compared to the privious fiscal year + 14253 reports )
( Participation 1875 Orgs )
site summary count
140837 reports
( compared to the privious fiscal year + 2445 reports )
現在の文化財論文件数
117301 reports
( compared to the privious fiscal year + 93721 reports )
video count
914 reports
( compared to the privious fiscal year + 139 reports )
( Participation 87 Orgs )
文化財イベント件数
758 reports
( compared to the privious fiscal year + 139 reports )
※過去開催分含む

志木市遺跡群23

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/130164
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.130164
引用表記 埼玉県志木市教育委員会 2018 『志木市の文化財70:志木市遺跡群23』埼玉県志木市教育委員会
埼玉県志木市教育委員会 2018 『志木市遺跡群23』志木市の文化財70
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book|和書|first=聡|last=大久保|first2=則敏|last2=尾形|first3=恵子|last3=深井|title=志木市遺跡群23|origdate=2018-03-31|date=2018-03-31|url=https://sitereports.nabunken.go.jp/130164|location=埼玉県志木市中宗岡1丁目1番1号|ncid=BN03867134|doi=10.24484/sitereports.130164|series=志木市の文化財|volume=70}} 閉じる
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
Title 志木市遺跡群23
Participation-organizations 志木市 - 埼玉県
Alternative しきしいせきぐん23
Subtitle 西原大塚遺跡第180地点 西原大塚遺跡第182地点 西原大塚遺跡第183地点 西原大塚遺跡第184地点
Volume
Series 志木市の文化財
Series Number 70
Author
Editorial Organization
埼玉県志木市教育委員会
Publisher
埼玉県志木市教育委員会
Publish Date 20180331
Publisher ID 11228
ZIP CODE 3530002
TEL 0484731111
Aaddress 埼玉県志木市中宗岡1丁目1番1号
Report Type report
NII Type Research Paper
Research Report 掲載されている(発掘調査報告書総目録の掲載対象)
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
所収論文
Site
Site Name 西原大塚遺跡(第180地点)
Site Name Transcription にしはらおおつかいせき
Order in book 1
Address 志木市幸町3丁目7383の一部
Address Transcription しきしさいわいちょう
City Code 11228
Site Number 09‐003
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 354926
East Longitude (WGS) 1393348
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 35.823888 139.563333
※当該位置周辺を表示し、同一名称の遺跡データが存在する場合は遺跡をポイント表示します。
Research Period
20120604-20120801
Research Space
156.00
Research Causes 個人住宅建設
OverView
Site Type
集落
Main Age
縄文
Main Features
住居跡1
土坑5
Main Foundings
土器
Remark
Site Type
集落
Main Age
弥生
古墳
Main Features
住居跡12
土坑2
Main Foundings
土器
石製品(勾玉)
Remark 576Y で住居内から土器埋納土坑が検出された。
Site Name 西原大塚遺跡(第182地点)
Site Name Transcription にしはらおおつかいせき
Order in book
Address 志木市幸町3丁目7209
Address Transcription しきしさいわいちょう
City Code 11228
Site Number 09‐003
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 354926
East Longitude (WGS) 1393355
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 35.823888 139.565277
※当該位置周辺を表示し、同一名称の遺跡データが存在する場合は遺跡をポイント表示します。
Research Period
20121003-20121030
Research Space
52.76
Research Causes 個人住宅建設
OverView
Site Type
集落
Main Age
縄文
Main Features
住居跡1
Main Foundings
土器
石器
Remark
Site Type
集落
Main Age
弥生
古墳
Main Features
住居跡4
Main Foundings
土器
Remark 109Y から籠目痕をもつ壷形土器が出土。
Site Name 西原大塚遺跡(第183地点)
Site Name Transcription にしはらおおつかいせき
Order in book 3
Address 志木市幸町3丁目7172-2、7173-1
Address Transcription しきしさいわいちょう
City Code 11228
Site Number 09-003
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 354925
East Longitude (WGS) 1393358
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 35.823611 139.566111
※当該位置周辺を表示し、同一名称の遺跡データが存在する場合は遺跡をポイント表示します。
Research Period
20120924-20121003
Research Space
18.00
Research Causes 個人住宅建設
OverView
Site Type
集落
Main Age
弥生
古墳
Main Features
住居跡1
Main Foundings
土器
Remark
Site Name 西原大塚遺跡(第184地点)
Site Name Transcription にしはらおおつかいせき
Order in book 4
Address 志木市幸町3丁目7173-2
Address Transcription しきしさいわいちょう
City Code 11228
Site Number 09‐003
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 354925
East Longitude (WGS) 1393358
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 35.823611 139.566111
※当該位置周辺を表示し、同一名称の遺跡データが存在する場合は遺跡をポイント表示します。
Research Period
20120924-20121003
Research Space
25.06
Research Causes 個人住宅建設
OverView
Site Type
集落
Main Age
弥生
古墳
Main Features
住居跡2
Main Foundings
土器 
Remark
Abstract  西原大塚遺跡は、市内最大規模の遺跡で、旧石器時代~近世・近代にかけての複合遺跡である。
 今回の報告の主な遺構では、縄文時代の遺構として、第180地点から前期後葉の黒浜期の住居跡1軒、182地点から中期中葉の勝坂式期の住居跡1軒が検出された。20J(勝坂期)は以前に区画整理第17・39地点で調査されており、今回の調査で炉体土器が検出された。
 弥生時代後期~古墳時代前期の遺構としては、住居跡が第180地点から12軒、第182地点から4軒、第183地点から1軒、第184地点から2軒検出された。第180地点では156㎡の調査区範囲から住居跡12軒が重複して検出されており、密な住居跡の分布を示す。576Y からは、赤色砂利層の下から土器埋納土坑が検出され、市内初の事例となった。また、571Y・576Y の覆土中から、タタキ成形痕がある甕形土器の破片が出土した。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 55
File download : 20

All Events

外部出力