奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
33247 reports
( Participation 633 Orgs )
report count
125091 reports
( compared to the privious fiscal year + 13974 reports )
( Participation 1874 Orgs )
site summary count
140217 reports
( compared to the privious fiscal year + 2025 reports )
現在の文化財論文件数
117174 reports
( compared to the privious fiscal year + 93585 reports )
video count
878 reports
( compared to the privious fiscal year + 103 reports )
( Participation 84 Orgs )
文化財イベント件数
695 reports
( compared to the privious fiscal year + 76 reports )
※過去開催分含む

研究紀要

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/129243
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.129243
引用表記 公益財団法人愛知県教育・スポーツ振興財団愛知県埋蔵文化財センター 2020 『研究紀要21』公益財団法人愛知県教育・スポーツ振興財団愛知県埋蔵文化財センター
公益財団法人愛知県教育・スポーツ振興財団愛知県埋蔵文化財センター 2020 『研究紀要21』
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book|和書|first=健司|last=宮腰|first2=優輝|last2=河嶋|first3=宏幸|last3=永井|first4=正貴|last4=鈴木|first5=和彦|last5=伊奈|first6=誠一|last6=蔭山|title=研究紀要|origdate=2020-05|date=2020-05|url=https://sitereports.nabunken.go.jp/129243|location=愛知県弥富市前ケ須町野方802-24|doi=10.24484/sitereports.129243|volume=21}} 閉じる
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
Title 研究紀要
Participation-organizations (公財)愛知県教育・スポーツ振興財団愛知県埋蔵文化財センター - 愛知県
Alternative けんきゅうきよう
Subtitle
Volume 21
Series
Series Number
Author
Editorial Organization
公益財団法人愛知県教育・スポーツ振興財団愛知県埋蔵文化財センター
Publisher
公益財団法人愛知県教育・スポーツ振興財団愛知県埋蔵文化財センター
Publish Date 20200500
Publisher ID
ZIP CODE 4980017
TEL 0567674163
Aaddress 愛知県弥富市前ケ須町野方802-24
Report Type annual
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
所収論文
Japanease Title 鹿乗川流域遺跡群南群の検討(2)
English Title
Auther
宮腰 健司
Pages 1 - 14
NAID
Prefecture Aichi Prefecture
Age 弥生 古墳
文化財種別 考古資料
遺跡種別 集落
遺物(材質分類)
学問種別 考古学
テーマ
Related Url
引用表記
wikipedia 出典テンプレート : {{Citation ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{Citation|first=健司|last=宮腰|contribution=鹿乗川流域遺跡群南群の検討(2)|title=研究紀要|date=2020-05|url=https://sitereports.nabunken.go.jp/129243|location=愛知県弥富市前ケ須町野方802-24|doi=10.24484/sitereports.129243|volume=21}} 閉じる
Abstract 鹿乗川流域遺跡群南群の弥生時代〜古墳時代前期の遺構についての検討を行い、大型墓を含む墓域を伴う下懸遺跡、大型区画・竪穴建物を伴う寄島・姫下遺跡の変遷を考察した。
Japanease Title 愛知県の古代寺院における造営尺度の推定河
English Title
Auther
河嶋 優輝
Pages 15 - 22
NAID
Prefecture Aichi Prefecture
Age 古代(細分不明)
文化財種別 史跡
遺跡種別 社寺
遺物(材質分類)
学問種別 考古学
テーマ
Related Url
引用表記
wikipedia 出典テンプレート : {{Citation ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{Citation|first=優輝|last=河嶋|contribution=愛知県の古代寺院における造営尺度の推定河|title=研究紀要|date=2020-05|url=https://sitereports.nabunken.go.jp/129243|location=愛知県弥富市前ケ須町野方802-24|doi=10.24484/sitereports.129243|volume=21}} 閉じる
Abstract 古代寺院の造営尺度に関する研究は長い研究史を持ち、計量史学や建築学などとも関わりを持つが、
未だ完全には解き明かされておらず、唐尺、高麗尺、高麗尺7寸5分など様々な長さの単位が造営尺
度として取り上げられてきた。本稿は、古墳の墳丘企画尺度の推定に用いられる統計学的な手法を利用して愛知県下の古代寺院5ヶ寺6ヶ所の建物跡の造営尺度推定を試みたもので、結果、大部分の建物跡で唐尺の使用が推定されたが、高麗尺7寸5分を1単位としたと思われる建物跡も存在した。
Japanease Title 尾張の古代官衙遺跡をかんがえる −稲沢市北丹波・東流遺跡の検討−
English Title
Auther
永井 宏幸
Pages 23 - 40
NAID
Prefecture Aichi Prefecture
Age 古代(細分不明)
文化財種別 考古資料
遺跡種別 官衙
遺物(材質分類)
学問種別 考古学
テーマ
Related Url
引用表記
wikipedia 出典テンプレート : {{Citation ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{Citation|first=宏幸|last=永井|contribution=尾張の古代官衙遺跡をかんがえる −稲沢市北丹波・東流遺跡の検討−|title=研究紀要|date=2020-05|url=https://sitereports.nabunken.go.jp/129243|location=愛知県弥富市前ケ須町野方802-24|doi=10.24484/sitereports.129243|volume=21}} 閉じる
Abstract 稲沢市北丹波・東流遺跡は、尾張国府成立頃の8世紀第1四半世紀を中心とする遺構と遺物がまとまって確認された。遺跡は尾張国府中枢部へつながる「想定・東山道尾張路」の東西路付近に位置し、正方位指向の軸線上に遺構が展開する。本稿は、これら遺構と遺物を通して官衙的性格を導き出し、『続日本紀』に登場する国司笠朝臣麻呂に関連する記事と調査成果をあわせてかんがえてみたい。
Japanease Title 近世城下町の形成過程 —地割からみた小牧城下町の成立をめぐって—
English Title
Auther
鈴木 正貴
Pages 41 - 56
NAID
Prefecture Aichi Prefecture
Age 中世(細分不明)
文化財種別 考古資料
遺跡種別 集落
遺物(材質分類)
学問種別 考古学
テーマ
Related Url
引用表記
wikipedia 出典テンプレート : {{Citation ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{Citation|first=正貴|last=鈴木|contribution=近世城下町の形成過程 —地割からみた小牧城下町の成立をめぐって—|title=研究紀要|date=2020-05|url=https://sitereports.nabunken.go.jp/129243|location=愛知県弥富市前ケ須町野方802-24|doi=10.24484/sitereports.129243|volume=21}} 閉じる
Abstract 尾張の中世集落は屋敷の集合体として成立し、その構造は町場の取り込み方によって変遷している。そして、初めて長方形街区に短冊型地割の町屋が展開した小牧城下町は、近世城下町の嚆矢として位置付けられる。この小牧城下町に先立つ周辺の一般集落遺跡や町場を含む都市遺跡の地割を検討した結果、小牧城下町と地割が完全に一致する事例は発見されなかった。しかし、概略方格地割に土地を区分して屋敷を配置する形と、街道や岸に沿って線的に広がる町場との設置原理の異なるものを組み合わせたものであった可能性を指摘できた。これは、織田信長が武家を中心とする集落内部に構造を伴う形で町場を取り込んだものと考えられ、居館―武家屋敷―町場を一元的に掌握する構造に転換するため、旧来からある要素をその場で組み合わせてできたものが小牧城下町ではないかと推定した。
Japanease Title 豊田市下山地区における炭焼窯跡の再検討
English Title
Auther
伊奈 和彦 , 蔭山 誠一
Pages 57 - 74
NAID
Prefecture Aichi Prefecture
Age
文化財種別
遺跡種別 その他の生産遺跡
遺物(材質分類)
学問種別
テーマ
Related Url
引用表記
wikipedia 出典テンプレート : {{Citation ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{Citation|first=和彦|last=伊奈|contribution=豊田市下山地区における炭焼窯跡の再検討|title=研究紀要|date=2020-05|url=https://sitereports.nabunken.go.jp/129243|location=愛知県弥富市前ケ須町野方802-24|doi=10.24484/sitereports.129243|volume=21}} 閉じる
Abstract 愛知県豊田市下山田代町・田折町を中心とする豊田・岡崎地区研究開発施設用地造成事業に伴う埋蔵文化財の発掘調査で確認された炭焼窯跡の形態の変遷とその歴史的背景を考えた。煙道のある炭焼窯跡Ⅰ類の燃焼室床面の平面形態の変化や床面勾配の変化は、当地域で活躍された製炭者の民俗調査記録の姿と対応する現象として考えられた。また煙道のない炭焼窯跡Ⅱ類については、遺跡における分布の密集度や出土した炭化材の樹種同定や年代測定結果を検討し、生産された炭の用途については鍛治炭にもなる可能性を指摘した。
Japanease Title 近世尾張のやきもの 資料紹介2 — 豊楽焼(初代利慶) 不二香合 —
English Title
Auther
武部 真木
Pages 75 - 76
NAID
Prefecture Aichi Prefecture
Age 近代(細分不明)
文化財種別
遺跡種別
遺物(材質分類) 土製品(瓦含む)
学問種別
テーマ 資料紹介
Related Url
引用表記
wikipedia 出典テンプレート : {{Citation ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{Citation|first=真木|last=武部|contribution=近世尾張のやきもの 資料紹介2 — 豊楽焼(初代利慶) 不二香合 —|title=研究紀要|date=2020-05|url=https://sitereports.nabunken.go.jp/129243|location=愛知県弥富市前ケ須町野方802-24|doi=10.24484/sitereports.129243|volume=21}} 閉じる
Abstract 近世尾張藩のやきものとの関係は、古くからの窯業地を含むこともあり他地域にみられない特異なものがある。藩制下の産業への強い関与はもとより、特に茶陶への関心が高い藩主は直接御庭窯を経営した。ここでは江戸時代後期に藩の御用をつとめた豊楽焼の資料として、製作年代の推定できる初代利慶の作品について紹介する。
Japanease Title 山形県東根市蟹沢遺跡出土骨角器について
English Title
Auther
川添 和暁
Pages 77 - 78
NAID
Prefecture Yamagata Prefecture
Age 縄文 弥生
文化財種別 考古資料
遺跡種別
遺物(材質分類) 骨・歯・角製品
学問種別 考古学
テーマ 技法・技術
Related Url
引用表記
wikipedia 出典テンプレート : {{Citation ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{Citation|first=和暁|last=川添|contribution=山形県東根市蟹沢遺跡出土骨角器について|title=研究紀要|date=2020-05|url=https://sitereports.nabunken.go.jp/129243|location=愛知県弥富市前ケ須町野方802-24|doi=10.24484/sitereports.129243|volume=21}} 閉じる
Abstract 東海地域の縄文時代・弥生時代骨角器との比較検討をするため、山形県蟹沢遺跡出土資料の調査をする機会を得た。本稿では、特に腰飾りと固定銛(逆棘付刺突具)について取り上げる。腰飾りは蟹沢遺跡を象徴する資料として古くから知られているものであり、固定銛(逆棘付刺突具)は内陸部の遺跡で出土した数少ない事例として注目される。
Site
Abstract
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 49
File download : 62

All Events

外部出力