奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
PDFがある書誌登録数
27136 件
( 発行機関数 529 機関 )
現在の書誌登録数
86890 件
( 前年度比 + 18253 件 )
( 発行機関数 1726 機関 )
現在の遺跡抄録件数
135856 件
( 前年度比 + 4699 件 )
現在の文化財動画件数
348 件
( 前年度比 + 348 件 )
( 登録機関数 35 機関 )
文化財イベント件数
487 件
( 前年度比 + 72 件 )
※過去開催分含む

元岡・桑原遺跡群32

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/88641
引用表記 福岡市教育委員会 2019 『福岡市埋蔵文化財調査報告書1380:元岡・桑原遺跡群32』福岡市教育委員会
福岡市教育委員会 2019 『元岡・桑原遺跡群32』福岡市埋蔵文化財調査報告書1380
ファイル
3次元画像
書名 元岡・桑原遺跡群32
発行(管理)機関 福岡市 - 福岡県
書名かな もとおか・くわばらいせきぐん32
副書名 第52次・第54次調査の報告
巻次
シリーズ名 福岡市埋蔵文化財調査報告書
シリーズ番号 1380
編著者名
編集機関
福岡市教育委員会
発行機関
福岡市教育委員会
発行年月日 20190325
作成機関ID 40130
郵便番号 8108620
電話番号 0927114667
住所 福岡県福岡市中央区天神1丁目8番1
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・保存管理計画)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
他の電子リソース
備考
所収遺跡
遺跡名 元岡・桑原遺跡群 第52次
遺跡名かな もとおか・くわばらいせきぐん
本内順位
遺跡所在地 福岡県福岡市西区大字元岡
所在地ふりがな ふくおかけんふくおかしにしくおおあざもとおか
市町村コード 40135
遺跡番号 2782
北緯(日本測地系)度分秒
東経(日本測地系)度分秒
北緯(世界測地系)度分秒 333506
東経(世界測地系)度分秒 1301204
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 33.585 130.201111
調査期間
20080401-20090630
調査面積(㎡)
3900
調査原因 記録保存調査
遺跡概要
種別
集落
時代
縄文
弥生
古墳
主な遺構
自然流路
竪穴住居
掘立柱建物
主な遺物
縄文土器
弥生土器
土師器
朝鮮半島系土器
楽浪系土器
土製品
石錘
紡錘車
石斧
石包丁
石鏃
青銅器
鋳型
木製品
特記事項 絵画のある琴板、朝鮮系無文土器や山陰・瀬戸内などの外来系土器が出土。
遺跡名 元岡・桑原遺跡群 第54次
遺跡名かな もとおか・くわばらいせきぐん
本内順位
遺跡所在地 福岡県福岡市西区大字元岡字戸山
所在地ふりがな ふくおかけんふくおかしにしくおおあざもとおかあざとやま
市町村コード 40135
遺跡番号 2782
北緯(日本測地系)度分秒
東経(日本測地系)度分秒
北緯(世界測地系)度分秒 333611
東経(世界測地系)度分秒 1301340
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 33.603055 130.227777
調査期間
20081006-20090109
調査面積(㎡)
1872
調査原因 記録保存調査
遺跡概要
種別
集落
時代
旧石器
縄文
弥生
古墳
古代(細分不明)
主な遺構
杭列
土坑
河川
石器集中
主な遺物
ナイフ型石器
阿高式土器
石鏃
玄武岩砕片
土師器
須恵器
越州窯系青磁
木器
特記事項
要約 (弥生~古墳)谷を南北に流れる2本の自然流路 ( 幅 30 m前後)と 流路の間の集落部分からなる。流路は、縄文時代晩期頃の開削と考えられ、最下部に同時期の遺物を含んでいるが、主体は弥生時代中期後半から古墳時代前期の遺物である。南側に隣接する第42 次調査では、約10000 箱の遺物が出土し、無文土器や楽浪系土器などの朝鮮半島系の土器,国内では中国地方の土器の搬入が目立ち、小銅鐸2点、五銖銭・貨泉などの漢代の貨幣、小形仿製鏡、青銅製鞘尻金具,辰砂の粒子,銅鏃 などの金属器類 が出土した。
本調査でも、SD01(東側)、SD02(西側)あわせて3000 箱近い弥生時代中期~古墳時代の遺物が出土したが、42 次調査のような外来系遺物や金属器などの出土量が極めて少ない。
SD01・02,これら2本の流路の間には、竪穴住居や掘立柱建物群があり、 弥生時代中期から後期にかけての時期に比定される。このようにきわめて豊富な出土遺物は,この地が弥生時代から古墳時代初頭にかけて糸島地方の祭祀・交易の拠点として長く機能したことを示している。
また、当調査区北端のSD01東側で縄文時代草創期の土器・石器が出土し、報告済である。
54次調査では、20 次調査から続く古墳時代を主体とした河川とその立ち上がりに杭列、土坑を確認した。本報告では、黒曜石の石刃,剥片が集中して出土し接合したSX005と、河川堆積から出土した古墳時代から古代の木器を追加報告した。
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 16
ファイルダウンロード数 : 0

全国のイベント

外部出力