Headerlogo 奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
PDFがある書誌登録数
23224 件
( 発行機関数 448 機関 )
現在の書誌登録数
53530 件
( 前年度比 + 4875 件 )
( 発行機関数 1439 機関 )
現在の遺跡抄録件数
104769 件
( 前年度比 + 10947 件 )

首里城跡

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/21949
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.21949
引用表記 沖縄県立埋蔵文化財センター 2011 『沖縄県立埋蔵文化財センター調査報告書56:首里城跡』沖縄県立埋蔵文化財センター
沖縄県立埋蔵文化財センター 2011 『首里城跡』沖縄県立埋蔵文化財センター調査報告書56
ファイル
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
書名 首里城跡
発行(管理)機関 Banner 沖縄県立埋蔵文化財センター - 沖縄県
書名かな しゅりじょうあと
副書名 京の内跡発掘調査報告書(Ⅲ)
巻次
シリーズ名 沖縄県立埋蔵文化財センター調査報告書
シリーズ番号 56
編著者名
編集機関
沖縄県立埋蔵文化財センター
発行機関
沖縄県立埋蔵文化財センター
発行年月日 20110320
作成機関ID 470007
郵便番号 9030125
電話番号 0988358752
住所 沖縄県中頭郡西原町字上原193-7
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・保存管理計画)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
備考
表紙「平成6年度調査の遺構編」とあり
所収遺跡
遺跡名 首里城跡
遺跡名かな しゅりじょうあと
本内順位
遺跡所在地 沖縄県那覇市首里当蔵町3丁目1番ほか
所在地ふりがな おきなわけんなはししゅりとうのくらちょう3ちょうめ1ばんほか
市町村コード 47201
遺跡番号
北緯(日本測地系)
東経(日本測地系)
北緯(世界測地系) 261232
東経(世界測地系) 1274320
調査期間
19941121-19950328
調査面積
2000
調査原因 国営首里城公園整備事業
遺跡概要
種別
城館
時代
主な遺構
倉庫跡
区画石積み
主な遺物
中国産(青磁
白磁
青花
褐釉陶器
白地鉄絵
瑠璃釉等) 中世陶器
カムイ焼須恵器 沖縄産(土器
瓦質土器
坩堝
壁材
石製品
骨製品等)金属製品 兜鉢
鍬形台
鎧の小札
鎖帷子
刀の鍔および切羽
香炉
長柄の柄杓
倉庫の錠
蝶番
銭貨等
ガラス製品 小玉
勾玉
特記事項 京の内跡から1459年の火災により焼失した倉庫跡が発掘された。この倉庫より陶磁器類を主体とする一括資料が得られ、平成12年に「沖縄県首里城京の内跡出土陶磁器518点 附一、金属製品一括 附一、ガラス玉一括」として国の重要文化財に指定された。
要約  昭和61年度に首里城公園計画区内約18haの内、首里城内郭の約4haが国営公園区域として整備することが閣議決定された。復元整備に伴う遺構確認調査は、昭和63年度から内閣府 沖縄総合事務局 国営沖縄記念公園事務所との委託を沖縄県教育委員会が受けて、南殿・北殿・御庭地区などの遺構確認調査を実施し、平成4年度に首里城正殿・南殿・北殿などが復元整備され一部が開園した。未整備地区であった「京の内」地区の復元整備が課題となり、整備に必要な基礎資料を得る目的で平成5年度から平成9年度までの四カ年間に亘って発掘調査実施され、その成果を基本にして平成13年度から京の内の復元整備がはじまり、平成成15年度に復元整備を終えている。「京の内」は、正殿・南北殿・奉神門などの政治を執り行う建造物群とは機能が異なり、歴代琉球国王の即位決定の儀式や琉球王国の重要な祭祀及び儀式が執り行われた神聖なる空間であった。この空間内には、首里森御嶽・真玉森御嶽など重要な拝所があった。この地域で1459年の火災によって焼失した倉庫跡が発見された。
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 110
ファイルダウンロード数 : 155

全国のイベント

沖縄県 の開催中のイベント

内容が似ている報告書