奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
26856 reports
( Participation 526 Orgs )
report count
84909 reports
( compared to the privious fiscal year + 16252 reports )
( Participation 1692 Orgs )
site summary count
135535 reports
( compared to the privious fiscal year + 4399 reports )
video count
322 reports
( compared to the privious fiscal year + 322 reports )
( Participation 34 Orgs )

Okinawa Prefecture
斎場御嶽

南城市東部の知念にある斎場御嶽(セーファウタキ)、琉球の創世神アマミキヨ(アマミク)が作ったとされる御嶽(ウタキ)の一つで、琉球王国の宗教的儀礼や自然信仰の場所です。王国時代、国王らが巡拝した首里東方の聖地のひとつであり、王国時代の神女組織の最高位にある聞得大君(きこえおおきみ)の就任式である「御新下り(おあらおり)」もここで行われました。
 御嶽内には「大庫理(ウフグーイ)」や「寄満(ユインチ)」など6つの拝所(イビ)があり、それぞれ御新下りの重要な場所でした。そのなかでも、切り立った断崖の向こうに開いた三角形の空間「三庫理(サングーイ)」からは、1999(平成11)年に金製の勾玉や厭勝銭などが一括で出土しており、国指定重要文化財に登録されています。
 御嶽内は樹々が鬱蒼と茂り、厳かな雰囲気を漂わせており、現在でも多くの人が参拝に訪れています。
データ登録機関 : 南城市
文化財所在地 : Okinawa Prefecture
動画種別 : 文化財紹介・解説
対象 : not_for_kids
文化財種別 : 史跡・遺跡 名勝
時代 琉球王朝
総覧登録日 : 2020-08-27
このエントリーをはてなブックマークに追加

Similar Reports

Similar Events