奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
27136 reports
( Participation 529 Orgs )
report count
86890 reports
( compared to the privious fiscal year + 18253 reports )
( Participation 1726 Orgs )
site summary count
135856 reports
( compared to the privious fiscal year + 4699 reports )
video count
348 reports
( compared to the privious fiscal year + 348 reports )
( Participation 35 Orgs )
文化財イベント件数
487 reports
( compared to the privious fiscal year + 72 reports )
※過去開催分含む
[ 講演会 ] 2021-02-09 Chiba Prefecture

研究集会 水中遺跡保護行政の実態Ⅲ

【趣 旨】
 日本列島は海に囲まれており、今日のような移動手段が発達する以前は、内水面を含めた水上交通が交通・交易の重要な位置を占めていた。それらに関わる水際や水中の遺跡から、水上交通をめぐる地域史や地域間交流の歴史の具体的で豊かな実像を描くことが可能となる。これらの調査研究の実例を参加者と共有することで、参加者が水中遺跡を身近に感じ、その保護の意識を一層高めるとともに、「水中てびき」作成への理解を深めることを狙いとする。

【報告内容(予定)】
・陸上の遺跡からみえる海を介した他地域との交流と地域史の具体像について
・陸地から水際、水中に存在する「水際の遺跡」の調査事例とその成果について
・陸上の遺跡の価値付けに係る発掘調査を実施していない水際・水中の遺跡の役割について
・水中遺跡保護の重要性、「水中てびき」の必要性について
・そのほか必要な事項について

【日 時】
2021年2月9日(火)10:30~17:00(予定)

【会 場】
ホテルポートプラザちば(千葉県千葉市中央区千葉港8-5)

【後 援】
千葉県教育委員会(予定)、北海道森町教育委員会(予定)、和歌山市教育委員会(予定)

【講演・報告者】
(基調講演)
・白井久美子(千葉県立房総のむら)海を介した他地域の交流からみた房総半島の歴史
(報告)
・文化庁埋蔵文化財部門 水中遺跡保護の重要性。『水中てびき』作成の現状など
・髙橋毅(北海道森町教育委員会)森桟橋の調査と地域史における位置付け
・前田敬彦(和歌山県和歌山市教育委員会)友ヶ島周辺の水際・水中遺跡と紀ノ川下流域の歴史
・国富株式会社 潜水調査における役割分担と費用
(紙上報告)
・山形県文化振興・文化財課 最上川を通じた地域の歴史・文化
(ポスター報告)
・各種探査・調査の成果事例 ROV実験:ウインディーネットワーク
              潜水調査:国富株式会社

【スケジュール】(予定。一部変更の場合あり)
10:30~10:40 開会挨拶 文化庁   
10:40~11:10 事業説明 文化庁   
11:10~11:20 趣旨説明 奈良文化財研究所
11:20~12:00 【報告1】北海道森町教育委員会 髙橋毅
12:00~13:30 ≪昼休憩≫  
13:30~14:40 【基調講演】千葉県立房総のむら 白井久美子
14:40~15:20 【報告2】和歌山県和歌山市教育委員会 前田敬彦
15:20~15:40 ≪休憩≫  
15:40~16:20 【報告3】国富株式会社  
16:20~16:35 質疑応答  
16:35~16:50 講評  
16:50~17:00 閉会挨拶 千葉県  

【定 員】
・地方公共団体職員、大学教員、学生等の研究者、その他水中遺跡調査関係者向けの研究集会です。
・参加受付者数:60名(予定)  参加費無料

【申込方法】
12月25日(金)までにE-MAILにて下記事項をご連絡ください。
連絡事項:氏名・年齢・所属
E-MAIL: u-water_nabunken☆nich.go.jp(☆を@に変更してください。)

【その他】
※参加希望者が多数の場合、会場の都合で参加いただけない場合もございますので、あらかじめご了承ください。
※新型コロナウィルス感染症拡大防止のため、以下の点にご理解とご協力をお願いいたします。
 ・風邪の症状がある方、体調がすぐれない方、過去2週間以内に発熱や風邪の症状で受診や服薬等をされた方、過去2週間以内に感染拡大地域や国へ渡航歴がある方につきましては、ご参加をお控えいただきますようお願いいたします。
 ・入場時に検温を実施いたします。37.5℃以上の発熱が確認された場合、ご入場をお断りいたします。
 ・消毒液による手指消毒をお願いいたします。
 ・マスクの着用など、咳エチケットにご協力をお願いいたします。マスクの着用のない方はご入場をお断りいたします。
主催文化庁、国立文化財機構
連絡先
【お問い合わせ先】
独立行政法人国立文化財機構奈良文化財研究所
埋蔵文化財センター遺跡・調査技術研究室
E-MAIL: u-water_nabunken☆nich.go.jp (☆を@に変更してください)
このエントリーをはてなブックマークに追加

Similar Reports