奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
29913 reports
( Participation 597 Orgs )
report count
112520 reports
( compared to the privious fiscal year + 24560 reports )
( Participation 1858 Orgs )
site summary count
138576 reports
( compared to the privious fiscal year + 2683 reports )
現在の文化財論文件数
21394 reports
( compared to the privious fiscal year + 20577 reports )
video count
669 reports
( compared to the privious fiscal year + 259 reports )
( Participation 65 Orgs )
文化財イベント件数
588 reports
( compared to the privious fiscal year + 80 reports )
※過去開催分含む

Study of record of a drinking bout with the glass sake cup ‟Kushitama-hai”
串玉杯の酒宴記録帖をめぐって

NAKAYAMA Sota ( 中山 創太 )
びいどろ史料庫コレクションに含まれるガラス製の酒器「串珠杯」は、酒宴記録帖とともに伝わっている。4冊の記録帖は、甲 (文化元~明治3年・1804-70)、乙 (安政4~元治元年・1857-64)、丙 (明治14~33年・1881-1900)、丁 (明治38~39年・1905-06) からなり、100年ほどの酒宴記録が収められる。本稿では、本誌33号で言及した乙を除く甲、丙、丁について、主な参会者を確認していくとともに、参会者の一人として登場する「髙木侗山」が旧蔵者であったことを提示する。加えて、串珠杯は大阪福井村(現在の大阪府茨木市)に伝来した可能性についても言及する。

Glass sake cup ‟Kushitama-hai” contained in the Biidoro Shiryoko Collection has been transmitted along with the four records which is described drinking bout. The drinking bout records are composed of 甲 (1804 to 1870), 乙 (1857 to 1864), 丙 (1881 to 1990), 丁 (1905 to 1906).
This article will confirm the main participants of drinking bout records 甲, 丙, 丁 except 乙 which was introduced in the previous journal No.33, and will show that the glass sake cup ‟Kushitama-hai” was in the old Takagi Tozan collection. In addition, this article also mention the possibility that the glass sake cup "Kushitama-hal" was transferred to Fukui village in Osaka.
NAID :
Prefecture :
Age
文化財種別
遺跡種別
遺物(材質分類)
学問種別
テーマ
Related Url :
Created Data : 2021-11-25
wikipedia 出典テンプレート : {{Citation ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{Citation|first=創太|last=中山|contribution=串玉杯の酒宴記録帖をめぐって|title=神戸市立博物館研究紀要|date=2019-03-31|url=https://sitereports.nabunken.go.jp/114991|volume=35}} 閉じる
このエントリーをはてなブックマークに追加

Keywords and Feature Word

この論文は下の刊行物の 47 - 60 ページ に掲載されています。

収録刊行物