奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
33555 reports
( Participation 638 Orgs )
report count
125303 reports
( compared to the privious fiscal year + 14215 reports )
( Participation 1875 Orgs )
site summary count
140777 reports
( compared to the privious fiscal year + 2389 reports )
現在の文化財論文件数
117292 reports
( compared to the privious fiscal year + 93704 reports )
video count
908 reports
( compared to the privious fiscal year + 133 reports )
( Participation 87 Orgs )
文化財イベント件数
751 reports
( compared to the privious fiscal year + 132 reports )
※過去開催分含む

古代から中世における矢作川下流域の河道変遷

鈴木 正貴
矢作川下流域(現西尾市域)での古代から中世における河川の様相を解明するため、明治24 年作成地形図から河道痕跡を抽出し、遺跡や遺物の分布などからその変遷を考察した。その結果、古代においては岡崎市正名町から西尾市野々宮町・市子町に至る大流路が1条存在し、周辺に複数の小河川が展開したと想定した。中世になると、陸地化が進みさらに多くの小河川が流れるとともに西尾市小島町から西尾市一色町赤羽に至る大流路(旧弓取川)が1条追加されたと推定される。14 世紀末に六名堤が築堤された影響で後者の大流路が主流となっていくが、16 世紀初頭においても細池の渡と鎌谷の渡が併存していることから、2 条の大流路が存在したと復元できる。
NAID :
Prefecture : Aichi Prefecture
Age
文化財種別 考古資料
遺跡種別
遺物(材質分類)
学問種別 考古学
テーマ
Related Url :
Created Data : 2022-07-21
wikipedia 出典テンプレート : {{Citation ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{Citation|first=正貴|last=鈴木|contribution=古代から中世における矢作川下流域の河道変遷|title=研究紀要|date=2021-05|url=https://sitereports.nabunken.go.jp/129208|location=愛知県弥富市前ケ須町野方802-24|doi=10.24484/sitereports.129208|volume=22}} 閉じる
このエントリーをはてなブックマークに追加

この論文は下の刊行物の 29 - 44 ページ に掲載されています。

収録刊行物