奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
25014 reports
( Participation 491 Orgs )
report count
69372 reports
( compared to the privious fiscal year + 648 reports )
( Participation 1688 Orgs )
site summary count
132005 reports
( compared to the privious fiscal year + 1360 reports )

石森館跡

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/9815
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.9815
引用表記 宮城県教育委員会 2009 『宮城県文化財調査報告書220:石森館跡』宮城県教育委員会
宮城県教育委員会 2009 『石森館跡』宮城県文化財調査報告書220
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
Title 石森館跡
Alternative いしのもりたてあと
Subtitle
Volume
Series 宮城県文化財調査報告書
Series Number 220
Author
Editorial Organization
宮城県教育委員会
Publisher
宮城県教育委員会
Publish Date 20090325
Publisher ID 040002
ZIP CODE 9808423
TEL 0222113684
Aaddress 宮城県仙台市青葉区本町3-8-1
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Site
Site Name 石森館跡
Site Name Transcription いしのもりたてあと
Order in book
Address 宮城県登米市中田町石森前田地区
Address Transcription みやぎけんとめしなかたちょういしのもりまえだちく
City Code 042129
Site Number 54001
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 384322
East Longitude (WGS) 1411250
Research Period
20080526-20080828
Research Space
2470
Research Causes 県道石森永井線改良工事
OverView
Site Type
Main Age
古代(細分不明)
中世(細分不明)
近世(細分不明)
Main Features
竪穴住居跡
掘立柱建物跡
水濠跡
溝跡
井戸跡
土坑
整地層
Main Foundings
陶磁器
木製品
金属製品
古銭
Remark 中世石森氏および近世笠原氏の居館跡
Abstract  石森館跡は,宮城県登米市中田町石森地区の独立した小高い丘陵上に位置する遺跡である。今回の調査で古代の竪穴住居跡,中・近世の掘立柱建物跡,水濠跡,溝跡,整地層などを検出した。竪穴住居跡は出土遺物から9世紀前半と位置付けられる。中近世の遺構は当時の屋敷の一部を構成するもので,遺構の改築および重複が認められた。遺物は,中・近世の陶磁器類,板碑などが出土した。その状況から,中世石森氏および近世笠原氏の屋敷地として継続的に営まれたことが裏付けられた。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 186
File download : 209

All Events

外部出力

Similar Reports

Similar Events