奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
28947 reports
( Participation 568 Orgs )
report count
89318 reports
( compared to the privious fiscal year + 1301 reports )
( Participation 1744 Orgs )
site summary count
137444 reports
( compared to the privious fiscal year + 1758 reports )
現在の文化財論文件数
15212 reports
( compared to the privious fiscal year + 14395 reports )
video count
489 reports
( compared to the privious fiscal year + 79 reports )
( Participation 55 Orgs )
文化財イベント件数
531 reports
( compared to the privious fiscal year + 23 reports )
※過去開催分含む

滝ノ上火薬製造所跡・高熊山激戦地跡・チシャケ迫堡塁跡群・岩川官軍墓地

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/91626
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.91626
引用表記 鹿児島県立埋蔵文化財センター 2021 『鹿児島県立埋蔵文化財センター発掘調査報告書210:滝ノ上火薬製造所跡・高熊山激戦地跡・チシャケ迫堡塁跡群・岩川官軍墓地』鹿児島県立埋蔵文化財センター
鹿児島県立埋蔵文化財センター 2021 『滝ノ上火薬製造所跡・高熊山激戦地跡・チシャケ迫堡塁跡群・岩川官軍墓地』鹿児島県立埋蔵文化財センター発掘調査報告書210
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book|和書|first=辰巳|last=湯場﨑|title=滝ノ上火薬製造所跡・高熊山激戦地跡・チシャケ迫堡塁跡群・岩川官軍墓地|origdate=2021-03-01|date=2021-03-01|url=https://sitereports.nabunken.go.jp/91626|location=鹿児島県霧島市国分上野原縄文の森2番1号|doi=10.24484/sitereports.91626|series=鹿児島県立埋蔵文化財センター発掘調査報告書|volume=210}} 閉じる
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
Title 滝ノ上火薬製造所跡・高熊山激戦地跡・チシャケ迫堡塁跡群・岩川官軍墓地
Participation-organizations 鹿児島県教育委員会 - 鹿児島県
Alternative たきのかみかやくせいぞうしょあと・たかくまやまげきせんちあと・ちしゃがさこほうるいあとぐん・いわがわかんぐんぼち
Subtitle 「西南戦争を掘り,学ぶ」事業に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
Volume
Series 鹿児島県立埋蔵文化財センター発掘調査報告書
Series Number 210
Author
Editorial Organization
鹿児島県立埋蔵文化財センター
Publisher
鹿児島県立埋蔵文化財センター
Publish Date 20210301
Publisher ID 46000
ZIP CODE 8994318
TEL 0995485811
Aaddress 鹿児島県霧島市国分上野原縄文の森2番1号
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
所収論文
Site
Site Name 滝ノ上火薬製造所跡
Site Name Transcription たきのかみかやくせいぞうしょあと
Order in book 1
Address 鹿児島県鹿児島市稲荷町
Address Transcription かごしまけんかごしましいなりちょう
City Code 46201
Site Number 201-127
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 313655
East Longitude (WGS) 1303408
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 31.615277 130.568888
Research Period
20181105-20181226
Research Space
29000
Research Causes 保存目的調査
OverView
Site Type
その他の生産遺跡
Main Age
近世(細分不明)
近代(細分不明)
Main Features
石垣
石積み以降
導水路
排水路
Main Foundings
陶器
Remark
Site Name 高熊山激戦地跡
Site Name Transcription たかくまやまげきせんちあと
Order in book
Address 鹿児島県伊佐市大口木ノ氏
Address Transcription かごしまけんいさしおおくちきのうじ
City Code 46224
Site Number
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 320528
East Longitude (WGS) 1303655
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 32.091111 130.615277
Research Period
20190513-20190607
Research Space
200
Research Causes 保存目的調査
OverView
Site Type
その他
Main Age
明治
Main Features
堡塁跡
Main Foundings
銃弾
薬莢
鉄製品
古銭
Remark 伊佐市指定文化財(昭和53.10.1)
Site Name チシャケ迫堡塁群跡
Site Name Transcription ちしゃがさこほうるいぐんあと
Order in book 3
Address 鹿児島県霧島市牧園町三体堂チシャケ迫
Address Transcription かごしまけんきりしましまきぞのちょうさんたいどうちしゃがさこ
City Code 46218
Site Number 218-533
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 315225
East Longitude (WGS) 1304547
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 31.873611 130.763055
Research Period
20191101-20191128
Research Space
200
Research Causes 保存目的調査
OverView
Site Type
その他
Main Age
明治
Main Features
堡塁跡
Main Foundings
Remark
Site Name 岩川官軍墓地
Site Name Transcription いわがわかんぐんぼち
Order in book 4
Address 鹿児島県曽於市大隅町岩川
Address Transcription かごしまけんそおしおおすみちょういわがわ
City Code 46217
Site Number
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 313539
East Longitude (WGS) 1305927
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 31.594166 130.990833
Research Period
20200518-20200612
Research Space
200
Research Causes 保存目的調査
OverView
Site Type
Main Age
明治
Main Features
墓石
残欠
Main Foundings
古銭
Remark 曽於市指定文化財(昭和49.3.8)
Abstract 【滝ノ上火薬製造所跡】
 薩摩藩は,火薬製造の本局として文政年間(1818 ~ 1831 年)に滝ノ上火薬製造所を設立した。稲荷川の水流を利用した直径4 mほどの水車を設置し,硝石や硫黄,木炭を粉末にして火薬を製造していた。平成5(1993)年の「8・6 水害」で,残存していた水路等が流失したと考えられていたが,今回の確認調査で,当時の石垣や石積み遺構,導水路が広く残存していることが判明した。

【高熊山激戦地跡】
 明治10(1877)年の西南戦争の大口の他戦いの際には,辺見十郎太が指揮する雷撃隊が坊主石山に,池辺吉十郎指揮する熊本隊が高熊山に陣を構えていた。確認調査では,現存している堡塁跡(塹壕)の構造を把握することができたほか,銃弾や薬莢も出土した。また,文献史料に残る戦闘状況と調査成果がおおよそ一致した。

【チシャケ迫堡塁跡群】
 明治10(1877)年の西南戦争では,政府軍と西郷軍は,牧園(旧踊郷)で2 度の戦闘を行っている。1 度目は,7 月1 日~ 7日に西郷軍が牧園一帯に陣を築き,政府軍と対峙している。2 度目は宮崎県延岡の可愛岳を突破した西郷軍が鹿児島に突入する直前の8 月30 日に,笠取峠で激しい銃撃戦を展開している。確認調査では,7 月・8 月の戦闘の時に構築された300 基以上あるとされる堡塁跡のうち,チシャケ迫に位置する堡塁跡7 基の調査を行った。

【岩川政府軍墓地】
 岩川の政府軍墓地は、西南戦争で亡くなった政府軍の戦死者を埋葬した墓地であり,陸軍大尉山形照方,少尉奥田政実,少尉試補林為隆など79 基の墓石と残欠7 基が存在している。墓石はすべて天草下浦石( 砂岩)製である。調査では,現在の姿は当時のものでなく,改変(整備)をうけていることが判明した。さらに,当時の造営面を明らかにし,2 基の墓坑の可能性があるプランを確認した。また,東に1.5 ㎞ほど離れた薩軍の墓の測量などを行い,今後の検討資料を蓄積することができた。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 15
File download : 49

All Events

外部出力