奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
27396 reports
( Participation 534 Orgs )
report count
87844 reports
( compared to the privious fiscal year + 19650 reports )
( Participation 1732 Orgs )
site summary count
136213 reports
( compared to the privious fiscal year + 5592 reports )
video count
378 reports
( compared to the privious fiscal year + 378 reports )
( Participation 39 Orgs )
文化財イベント件数
501 reports
( compared to the privious fiscal year + 86 reports )
※過去開催分含む

香坂山遺跡の第1次発掘調査:現地説明会資料

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/72008
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.72008
引用表記 『香坂山遺跡の第1次発掘調査:現地説明会資料』
『香坂山遺跡の第1次発掘調査:現地説明会資料』
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
Title 香坂山遺跡の第1次発掘調査:現地説明会資料
Participation-organizations EPRG - 千葉県
Alternative こうさかやまいせきのだいいちじはっくつちょうさ:げんちせつめいかいしりょう
Subtitle
Volume
Series
Series Number
Author
Editorial Organization
Publisher
Publish Date
Publisher ID
ZIP CODE
TEL
Aaddress
Report Type document
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Site
Site Name 香坂山遺跡
Site Name Transcription こうさかやまいせき
Order in book
Address
Address Transcription
City Code 20217
Site Number
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 361622
East Longitude (WGS) 1383459
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 36.272777 138.583055
Research Period
20200803-20200830
Research Space
27
Research Causes 日本学術振興会科学研究費補助金(基盤研究 B:代表国武 19H01354)による学術目的の発掘調査
OverView
Site Type
集落
Main Age
旧石器
Main Features
配石遺構
石器集中
Main Foundings
石刃
小石刃
礫器
石核
剥片
Remark 長野県佐久市に所在する八風山南麓斜面に所在する後期旧石器時代初頭の香坂山遺跡において、日本学術振興会科学研究費補助金による学術目的の発掘調査を実施した。その結果、姶良Tn火山灰の純層から約50㎝下層から、石器が検出された。その内容は、黒曜石による小石刃と石刃であり、後期旧石器時代初頭において小石刃が本格的に製作・使用されていた事実が新しく判明した。これ加えて遺跡近傍の沢から得られたと推定される軟質な安山岩の亜角礫を用いて、礫器の製作と使用が行われていた。さらにこれらの石器は弧状に配置されており、いわば弧状配石というべき遺構が検出された。このように本発掘調査において、後期旧石器時代初頭における新しい技術組成が明らかとなった。石器に加えて石器包含層に伴う木炭が約200点得られているため、これらを用いて高精度な放射性炭素年代測定分析が実施される予定である。現在すすめている光ルミネッセンス分析や火山灰分析をあわせて、本遺跡の年代を正確に算出することが今後の課題となる。
Abstract 長野県佐久市に所在する八風山南麓斜面に所在する後期旧石器時代初頭の香坂山遺跡において、日本学術振興会科学研究費補助金による学術目的の発掘調査を実施した。その結果、姶良Tn火山灰の純層から約50㎝下層から、石器が検出された。その内容は、黒曜石による小石刃と石刃であり、後期旧石器時代初頭において小石刃が本格的に製作・使用されていた事実が新しく判明した。これ加えて遺跡近傍の沢から得られたと推定される軟質な安山岩の亜角礫を用いて、礫器の製作と使用が行われていた。さらにこれらの石器は弧状に配置されており、いわば弧状配石というべき遺構が検出された。このように本発掘調査において、後期旧石器時代初頭における新しい技術組成が明らかとなった。石器に加えて石器包含層に伴う木炭が約200点得られているため、これらを用いて高精度な放射性炭素年代測定分析が実施される予定である。現在すすめている光ルミネッセンス分析や火山灰分析をあわせて、本遺跡の年代を正確に算出することが今後の課題となる。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 1154
File download : 465

All Events

外部出力

Similar Reports

Similar Events