奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
27976 reports
( Participation 543 Orgs )
report count
88325 reports
( compared to the privious fiscal year + 271 reports )
( Participation 1738 Orgs )
site summary count
135923 reports
( compared to the privious fiscal year + 269 reports )
現在の文化財論文件数
1141 reports
( compared to the privious fiscal year + 324 reports )
video count
413 reports
( compared to the privious fiscal year + 2 reports )
( Participation 47 Orgs )
文化財イベント件数
510 reports
( compared to the privious fiscal year + 2 reports )
※過去開催分含む

下河原崎高山古墳群2

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/71156
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.71156
引用表記 公益財団法人茨城県教育財団 2020 『茨城県教育財団文化財調査報告446:下河原崎高山古墳群26』公益財団法人茨城県教育財団
公益財団法人茨城県教育財団 2020 『下河原崎高山古墳群26』茨城県教育財団文化財調査報告446
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
Title 下河原崎高山古墳群2
Participation-organizations (公財)茨城県教育財団 - 茨城県
Alternative しもかわらざきたかやまこふんぐん2
Subtitle 上河原崎・中西特定土地区画整理事業地内埋蔵文化財調査報告書
Volume
Series 茨城県教育財団文化財調査報告
Series Number 446
Author
Editorial Organization
公益財団法人茨城県教育財団
Publisher
公益財団法人茨城県教育財団
Publish Date 20200316
Publisher ID 08000
ZIP CODE 3100911
TEL 0292256587
Aaddress 茨城県水戸市見和1丁目356番地の2
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
所収論文
Site
Site Name 下河原崎高山古墳群
Site Name Transcription しもかわらざきたかやまこふんぐん
Order in book
Address 茨城県つくば市下河原崎字三夜山449-2番地ほか
Address Transcription いばらきけんつくばししもかわらざきあざみややま449-2ばんちほか
City Code 08220
Site Number 054
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 360348
East Longitude (WGS) 1400235
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 36.063333 140.043055
Research Period
20160601-20161031
20180101-20180331
Research Space
2865
1591
Research Causes 上河原崎・中西特定土地区画整理事業に伴う事前調査
OverView
Site Type
散布地
Main Age
旧石器
Main Features
石器出土地点
Main Foundings
石器
Remark
Site Type
集落
Main Age
縄文
Main Features
炉穴
土坑
Main Foundings
縄文土器
石器
Remark
Site Type
古墳
Main Age
古墳
Main Features
前方後円墳
方墳
Main Foundings
土師器
須恵器
石器
石製品
金属製品
自然遺物
Remark 前方後円墳から,未盗掘の箱式石棺を確認し,多数の埋葬人骨と,銅鋺,銀装大刀などの副葬品が出土した。
Abstract 下河原崎高山古墳群は,昭和57年に2基の古墳が調査され,平成18年度に第5号墳の周溝の一部が調査されている。今回報告の調査区域は,墳丘が残る前方後円墳(第5号墳)とその周辺部である。台地縁辺部は,旧石器時代から土地利用がはじまり,縄文時代では早期の茅山式期を主体とする時期の炉穴と土坑群を確認した。
第5号墳は,総長48m,墳長40の前方後円墳で,当古墳群で最大の規模を誇る事を確認した。埋葬施設の移築を伴う改葬が認められる埋葬施設2基を確認し,うち1基から未盗掘の箱式石棺を確認した。この箱式石棺は,もう1基の埋葬施設から移築改葬されたものである。墳丘と埋葬施設の掘り返しの重複関係から3回以上の追葬が認められた。石棺には,多人数が埋葬され21体以上が認められた。人骨のDNA分析結果から,母系系統でつながる3体を確認した。古墳築造と初葬の時期は6世紀末から7世紀初頭,箱式石棺の移築を伴う改葬は7世紀前葉,最終追葬は8世紀前葉と推測した。
第18号墳は,第5号墳の西側から確認した新発見の方墳である。埋葬施設は,墓道を有する石棺系石室である。石室は,石室石材は抜き取られ,撹乱も著しく,原位置をとどめる遺物はなく,残存状況はよくない。築造時期は,石室の特徴と周辺から出土した須恵器から7世紀中葉から後葉と推測した。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 237
File download : 1186

All Events

外部出力

Similar Reports

Similar Events