奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
25918 reports
( Participation 514 Orgs )
report count
70307 reports
( compared to the privious fiscal year + 1613 reports )
( Participation 1691 Orgs )
site summary count
133906 reports
( compared to the privious fiscal year + 2841 reports )

瑞龍遺跡

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/71120
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.71120
引用表記 公益財団法人茨城県教育財団 2019 『茨城県教育財団文化財調査報告436:瑞龍遺跡』公益財団法人茨城県教育財団
公益財団法人茨城県教育財団 2019 『瑞龍遺跡』茨城県教育財団文化財調査報告436
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
Title 瑞龍遺跡
Alternative ずいりゅういせき
Subtitle 一般国道293号常陸太田東バイパス整備事業地内埋蔵文化財調査報告書
Volume
Series 茨城県教育財団文化財調査報告
Series Number 436
Author
Editorial Organization
公益財団法人茨城県教育財団
Publisher
公益財団法人茨城県教育財団
Publish Date 20190318
Publisher ID 08000
ZIP CODE 3100911
TEL 0292256587
Aaddress 茨城県水戸市見和1丁目356番地の2
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Site
Site Name 瑞龍遺跡
Site Name Transcription ずいりゅういせき
Order in book
Address 茨城県常陸太田市瑞龍町629番地ほか
Address Transcription いばらきけんひたちおおたしずいりゅうちょう629ばんちほか
City Code 08212
Site Number 022
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 363325
East Longitude (WGS) 1403154
Research Period
20130901-20140331
20140401-20140930
20151102-20160331
20160401-20160731
Research Space
2080
4098
3673
1857
Research Causes 一般国道293号常陸太田東バイパス整備事業に伴う事前調査
OverView
Site Type
集落
Main Age
縄文
Main Features
竪穴建物跡
埋甕
土坑
遺物包含層
Main Foundings
縄文土器
土製品
石器
Remark
Site Type
集落
Main Age
弥生
Main Features
竪穴建物跡
Main Foundings
弥生土器
Remark
Site Type
集落
Main Age
古墳
Main Features
竪穴建物跡
掘立柱建物跡
古墳
円形周溝遺構
井戸跡
柱穴列
溝跡
土坑
Main Foundings
土師器
須恵器
土製品
石器
石製品
金属製品
Remark
Site Type
集落
Main Age
奈良
Main Features
竪穴建物跡
Main Foundings
土師器
須恵器
石器
石製品
金属製品
Remark
Site Type
集落
Main Age
平安
Main Features
竪穴建物跡
掘立柱建物跡
井戸跡
柱穴列
土坑
Main Foundings
土師器
須恵器
石器
石製品
金属製品
Remark
Site Type
集落
Main Age
鎌倉
室町
Main Features
掘立柱建物跡
方形竪穴遺構
井戸跡
墓坑
柱穴列
道路跡
溝跡
段切状遺構
土坑
ピット群
Main Foundings
土師質土器
瓦質土器
陶器
磁器
石製品
銭貨
Remark
Site Type
集落
Main Age
江戸
Main Features
掘立柱建物跡
方形竪穴遺構
粘土貼土坑
墓坑
道路跡
溝跡
土坑
Main Foundings
土師質土器
瓦質土器
陶器
金属製品
銭貨
Remark
Site Type
その他
Main Age
不明
Main Features
竪穴建物跡
掘立柱建物跡
井戸跡
溝跡
土坑
ピット群
Main Foundings
縄文土器
土製品
石器
石製品
金属製品
銭貨
Remark
Abstract 当遺跡は,縄文時代から江戸時代にかけて,断続的に集落や墓域として営まれた複合遺跡である。特に6世紀中葉から11世紀は断続的な集落で,中央政権と地方豪族の関係性をみる上での一資料となり,政治・政策などの社会背景の基に集落の盛衰や形態が変化する状況がみられる。
出土遺物では,4世紀中葉の羽口が鉄製品の製作に関わる資料として,9世紀後葉の高台付坏の底部にヘラで記された「□女□」は,国字の出土例として希有で,一地方にも国字を使用する有識者が存在したことを物語る貴重な遺物として特筆できる。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 92
File download : 106

All Events

外部出力

Similar Reports

Similar Events