奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
26852 reports
( Participation 526 Orgs )
report count
84898 reports
( compared to the privious fiscal year + 16241 reports )
( Participation 1692 Orgs )
site summary count
135524 reports
( compared to the privious fiscal year + 4388 reports )
video count
321 reports
( compared to the privious fiscal year + 321 reports )
( Participation 34 Orgs )

弓削前畑遺跡 竹ノ後・芭蕉遺跡群

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/70463
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.70463
引用表記 熊本県教育委員会 2019 『熊本県文化財調査報告334:弓削前畑遺跡 竹ノ後・芭蕉遺跡群7』熊本県教育委員会
熊本県教育委員会 2019 『弓削前畑遺跡 竹ノ後・芭蕉遺跡群7』熊本県文化財調査報告334
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
Title 弓削前畑遺跡 竹ノ後・芭蕉遺跡群
Participation-organizations 熊本県教育庁教育総務局文化課 - 熊本県
Store Page http://www.kumamoto-bunho.jp/
※ 有償頒布・配布していない場合もあります
Alternative ゆげまえはたいせき たけのしろ・ばしょういせきぐん
Subtitle 白川河川激甚災害対策特別緊急事業に伴う埋蔵文化財発掘調査
Volume 7
Series 熊本県文化財調査報告
Series Number 334
Author
Editorial Organization
熊本県教育委員会
Publisher
熊本県教育委員会
Publish Date 20190331
Publisher ID 43101
ZIP CODE 8628609
TEL 0963332706
Aaddress 熊本県熊本市中央区水前寺6丁目18番1号
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Site
Site Name 弓削前畑遺跡
Site Name Transcription ゆげまえはたいせき
Order in book 1
Address 熊本県熊本市北区
Address Transcription くまもとけんくまもとしきたく
City Code 43201
Site Number 374
North Latitude (JGD) 325051
East Longitude (JGD) 1304658
North Latitude (WGS)
East Longitude (WGS)
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 32.8509 130.780399
Research Period
20171113-20180216
Research Space
1300
Research Causes 記録保存調査
OverView
Site Type
集落
Main Age
弥生
Main Features
竪穴建物9軒
土坑6基
円形周溝遺構1基
Main Foundings
縄文土器
弥生土器
石包丁
摘鎌
ヤリガンナ
不明鉄器
Remark
Site Name 竹ノ後・芭蕉遺跡群
Site Name Transcription たけのしろ・ばしょういせきぐん
Order in book 2
Address 熊本県熊本市北区
Address Transcription くまもとけんくまもとしきたく
City Code 43201
Site Number 388
North Latitude (JGD) 325005
East Longitude (JGD) 1304552
North Latitude (WGS)
East Longitude (WGS)
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 32.838099 130.7621
Research Period
20171005-20171109
Research Space
1300
Research Causes 記録保存調査
OverView
Site Type
集落
Main Age
縄文
弥生
古墳
近代(細分不明)
Main Features
土器棺1基
竪穴建物1軒
土坑1基
Main Foundings
縄文土器
弥生土器
須恵器
陶磁器
Remark
Abstract  弓削前畑遺跡の主体は弥生時代後期で、竪穴建物9軒を検出した。約200m東で熊本市により調査された法王鶴遺跡と一連の遺跡である可能性が高く、舌状の地形の中、北側を溝で、東・西・南を白川によって区画された集落であったことが予想される。
 一方竹ノ後・芭蕉遺跡群の調査区は削平を受け遺構がかろうじて残っていたにすぎないが、本来は弥生時代中期や古墳時代終末期頃の集落が存在していたことが窺える。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 58
File download : 75

All Events

外部出力

Similar Reports

Similar Events