奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
26889 reports
( Participation 526 Orgs )
report count
84927 reports
( compared to the privious fiscal year + 16272 reports )
( Participation 1692 Orgs )
site summary count
135594 reports
( compared to the privious fiscal year + 4426 reports )
video count
332 reports
( compared to the privious fiscal year + 332 reports )
( Participation 34 Orgs )

羽黒神社西遺跡第1・2 次発掘調査報告書

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/70143
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.70143
引用表記 公益財団法人山形県埋蔵文化財センター 2020 『山形県埋蔵文化財センター調査報告書239:羽黒神社西遺跡第1・2 次発掘調査報告書』公益財団法人山形県埋蔵文化財センター
公益財団法人山形県埋蔵文化財センター 2020 『羽黒神社西遺跡第1・2 次発掘調査報告書』山形県埋蔵文化財センター調査報告書239
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
Title 羽黒神社西遺跡第1・2 次発掘調査報告書
Participation-organizations (公財)山形県埋蔵文化財センター - 山形県
Alternative はぐろじんじゃにしいせきだい1・2 じはっくつちょうさほうこくしょ
Subtitle
Volume
Series 山形県埋蔵文化財センター調査報告書
Series Number 239
Author
Editorial Organization
公益財団法人山形県埋蔵文化財センター
Publisher
公益財団法人山形県埋蔵文化財センター
Publish Date 20200331
Publisher ID
ZIP CODE 9993264
TEL 0236725301
Aaddress 山形県上山市中山字壁屋敷5608番地
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
20200701位置情報修正
Site
Site Name 羽黒神社西遺跡 第1・2 次
Site Name Transcription はぐろじんじゃにしいせき
Order in book
Address 山形県 村山市 大字名取字清水
Address Transcription やまがたけんむらやましおおあざなとりあざしず
City Code 06208
Site Number 208ー159
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 383058.36
East Longitude (WGS) 1402216.34
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 38.516211 140.371205
Research Period
20140519-20141118
20150525-20151120
Research Space
4300
3400
Research Causes 東北中央道(東根~尾花沢間)
OverView
Site Type
集落
Main Age
縄文
Main Features
掘立柱建物
竪穴状遺構
フラスコ状遺構
土坑
ピット
土器敷き石囲炉
焼土遺構
盛土状遺構
遺物包含層
陥穴
Main Foundings
縄文土器
土偶・土製品
剥片石器
磨製石斧
礫石器
石製品
Remark 薄手無文土器や押型文土器等の縄文時代早期前葉から前期前葉にかけての土器群が出土。
縄文時代時代中期中葉の大量の遺物が発見された。中期の遺物に伴う掘立柱建物、竪穴状遺構、フラスコ状土坑、盛土状遺構などの遺構が検出された。
古代の墨書土器を伴う土坑が検出された
( 文化財認定箱数:608 箱)
Site Type
集落
Main Age
古代(細分不明)
Main Features
土坑墓
Main Foundings
須恵器
赤焼土器
砥石
Remark
Abstract 羽黒神社西遺跡では、主に縄文時代中期の大木8b 式土器段階に属する大量の深鉢・浅鉢形土器のほか、彩漆土器や器高70㎝を超える有孔鍔付土器、土偶や土笛の可能性がある袋状土製品、剥片石器、磨製石斧、礫石器、琥珀製の玉などの遺物が発見された。これらの遺物に伴う掘立柱建物、竪穴状遺構、フラスコ状土坑、土器敷き石囲炉などが3・4 区を中心に検出された。また、遺物包含層に重複する南北2 か所(3・4 区)の斜面から、盛土状遺構も検出された。これらの盛土状遺構は、フラスコ状土坑を構築した際の残土置き場とみられる。フラスコ状土坑は、周辺に散布する遺物を巻き込んだ上で盛土状遺構の土を使って埋め立てられた可能性が高い。また本調査では、縄文時代早期初頭から前期前葉にかけての各種土器群が発見された。特に、県内では事例の少ない薄手無文土器と日計式土器が多量に出土していることは、特筆される。ほかにも、縄文時代晩期の大洞A 式土器なども出土した。4 区では、墨書され、破損行為を行った赤焼土器・坏が出土した土坑が検出された。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 487
File download : 432

All Events

外部出力

Similar Reports

Similar Events