奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
28947 reports
( Participation 568 Orgs )
report count
89318 reports
( compared to the privious fiscal year + 1301 reports )
( Participation 1744 Orgs )
site summary count
137444 reports
( compared to the privious fiscal year + 1758 reports )
現在の文化財論文件数
15212 reports
( compared to the privious fiscal year + 14395 reports )
video count
489 reports
( compared to the privious fiscal year + 79 reports )
( Participation 55 Orgs )
文化財イベント件数
531 reports
( compared to the privious fiscal year + 23 reports )
※過去開催分含む

下鶴遺跡

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/63958
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.63958
引用表記 鹿児島県立埋蔵文化財センター 2011 『鹿児島県埋蔵文化財センター発掘調査報告書163:下鶴遺跡5』鹿児島県立埋蔵文化財センター
鹿児島県立埋蔵文化財センター 2011 『下鶴遺跡5』鹿児島県埋蔵文化財センター発掘調査報告書163
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book|和書|first=忠広|last=黒川|first2=康弘|last2=吉岡|first3=孝一|last3=有馬|first4=なるみ|last4=新中|first5=誠也|last5=福原|first6=郁恵|last6=益山|title=下鶴遺跡|origdate=2011-03|date=2011-03|url=https://sitereports.nabunken.go.jp/63958|location=鹿児島県霧島市国分上野原縄文の森2番1号|ncid=BB05794999|doi=10.24484/sitereports.63958|series=鹿児島県埋蔵文化財センター発掘調査報告書|volume=163}} 閉じる
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
Title 下鶴遺跡
Participation-organizations 鹿児島県教育委員会 - 鹿児島県
Alternative しもづるいせき
Subtitle 川内川激甚災害対策特別緊急事業に伴う埋蔵文化財発掘交差報告書(Ⅴ)
Volume 5
Series 鹿児島県埋蔵文化財センター発掘調査報告書
Series Number 163
Author
Editorial Organization
鹿児島県立埋蔵文化財センター
Publisher
鹿児島県立埋蔵文化財センター
Publish Date 20110300
Publisher ID
ZIP CODE 8994318
TEL 0995485811
Aaddress 鹿児島県霧島市国分上野原縄文の森2番1号
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
所収論文
Site
Site Name 下鶴遺跡
Site Name Transcription しもづるいせき
Order in book
Address 鹿児島県伊佐市大口下殿字下鶴
Address Transcription かごしまけんいさしおおくちしもどのあざしもづる
City Code 46224
Site Number 224-9-140
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 320111.8488
East Longitude (WGS) 1303557.912
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 32.019957 130.59942
Research Period
20090508-20100325
20100601-20100727
Research Space
40400
Research Causes 川内川激甚災害対策特別緊急事業に伴う記録保存調査
OverView
Site Type
集落
Main Age
縄文
弥生
古墳
古代(細分不明)
中世(細分不明)
近世(細分不明)
Main Features
竪穴住居跡
土坑
壺棺
掘立柱建物跡
建物状遺構
大型土坑
炉状遺構
溝状遺構
Main Foundings
押型文土器
変形撚糸文土器
並木式土器
阿高式土器
松山式土器
市来式土器
丸尾式土器
市来式土器
納曽式土器
鐘崎式土器
北久根山式土器
辛川式土器
西平式土器
三万田式土器
入佐式土器
台付皿
黒川式土器
石鏃
スクレイパー
石錐
石匙
楔型石器
打製石斧
石錘
石皿
刻目突帯文土器
高橋式土器
入来式土器
黒髪式土器
銅戈
ボテ甕
免田式土器
抉入柱状片刃石斧
銅鏡
東原式土器
辻堂原式土器
笹貫式土器
須恵器
磨製石鏃
石包丁
砥石
鉄製品
土師器
黒色土器A類
黒色土器B類
緑釉陶器
越州窯系青磁
土錘
焼成粘土隗
青磁
白磁
青花
輸入陶器
備前焼
肥前系陶磁器
在地系陶磁器
薩摩焼
瓦質土器
土師質土器
滑石製品
軽石製品
銭貨
Remark
Abstract  縄文時代から近世に至るまでの複合遺跡。弥生時代の土坑群はその形状などから墓の可能性が高く、この内の一基から武器型青銅器の一種である銅戈先端部が出土している。これは、本県初であると共に現段階における日本最南端の出土事例である。古墳時代においては、竪穴住居跡93軒をはじめとする遺構群が検出された。特に羽月川と白木川とが合流する部分での密集度が高く、隣接する梅木遺跡と一連のものである可能性も考えられる。加えて、同一河岸段丘上には地下式板石積室墓が検出された焼山遺跡もあり、河川と集落、墓地といった当時の集落景観を復元する上で重要なものとなった。古代においては、緑釉陶器や越州窯系青磁など一般集落ではあまり見られない資料が出土するなどその背景が注目されている。中世から近世にかけては、竪穴建物跡や掘立柱建物跡、炉状遺構や溝状遺構など多種多様な遺構が検出されている。これらに伴う陶磁器の組成は食膳具が少ないという特徴が浮かび上がっており、生活の場としての集落以外の用途も想定される。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 164
File download : 442

All Events

外部出力