奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
26650 reports
( Participation 524 Orgs )
report count
84689 reports
( compared to the privious fiscal year + 16022 reports )
( Participation 1689 Orgs )
site summary count
135233 reports
( compared to the privious fiscal year + 4137 reports )
video count
296 reports
( compared to the privious fiscal year + 296 reports )
( Participation 32 Orgs )

富山市内遺跡発掘調査概要20

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/54328
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.54328
引用表記 富山市教育委員会埋蔵文化財センター 2019 『富山市埋蔵文化財報告97:富山市内遺跡発掘調査概要20』富山市教育委員会
富山市教育委員会埋蔵文化財センター 2019 『富山市内遺跡発掘調査概要20』富山市埋蔵文化財報告97
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
Title 富山市内遺跡発掘調査概要20
Participation-organizations 富山市 - 富山県
Alternative とやましないいせきはっくつちょうさがいようにじゅう
Subtitle 北代遺跡
Volume
Series 富山市埋蔵文化財報告
Series Number 97
Author
Editorial Organization
富山市教育委員会埋蔵文化財センター
Publisher
富山市教育委員会
Publish Date 20190329
Publisher ID 16201
ZIP CODE 939-2798
TEL 076-465-2146
Aaddress 富山県富山市婦中町速星754番地 婦中行政サービスセンター本館3階
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Site
Site Name 北代遺跡
Site Name Transcription きただいいせき
Order in book
Address 富山市北代
Address Transcription とやましきただい
City Code 16201
Site Number 0207
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 364302
East Longitude (WGS) 1371109
Research Period
20000228-20000328
Research Space
250
Research Causes 個人住宅建築
OverView
Site Type
Main Age
縄文
弥生
奈良
Main Features
奈良-竪穴建物
土坑
ピット
Main Foundings
縄文-縄文土器
磨製石斧
打製石斧
石棒
磨石
砥石
石核
剥片
弥生-弥生土器
奈良-土師器
須恵器
鉄滓
炉壁
羽口
Remark 奈良時代の竪穴建物と土坑を検出
Abstract  北代遺跡は、長岡台地に立地する。呉羽丘陵一帯は旧石器時代から近世までの長い間、居住・墓、生産など各種の遺跡が形成された。
 調査では、竪穴建物1棟、土坑5基、ピット12基を検出した。竪穴建物の平面プランは方形と推定され、壁際に沿って細く浅い溝が廻る。カマドは東壁の北寄りの隅に付設されているが残存状況が悪く上部構造については不明である。土坑のうち1基からは鉄滓28,334gと炉壁・羽口、被熱によって割れた石が多く出土し、鉄生産に関わる遺構の可能性も考えられるが、壁面及び底面の被熱等は検出されなかった。この土坑と竪穴建物の帰属年代は8世紀代、ピットは古代とみられる。土坑から出土した鉄滓は断面観察およびX線分析により原料に砂鉄を用いた製錬や精錬鍛冶に伴って発生した鉄滓と推定された。
 北代遺跡ではこれまでの調査で古代の竪穴建物、掘立柱建物、鍛冶工房等が検出されている。今回の調査で確認された遺構を含めて、精錬鍛冶などの製鉄作業が行われていた初期開墾集落と考えられる。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 547
File download : 89

All Events

外部出力

Similar Reports

Similar Events