Headerlogo en 奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
24516 reports
( Participation 475 Orgs )
report count
68787 reports
( compared to the privious fiscal year + 21 reports )
( Participation 1684 Orgs )
site summary count
130169 reports
( compared to the privious fiscal year + 26 reports )

山形城三の丸跡第15・17・19次発掘調査報告書

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/49579
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.49579
引用表記 公益財団法人山形県埋蔵文化財センター 2018 『山形県埋蔵文化財センター調査報告書231:山形城三の丸跡第15・17・19次発掘調査報告書』公益財団法人山形県埋蔵文化財センター
公益財団法人山形県埋蔵文化財センター 2018 『山形城三の丸跡第15・17・19次発掘調査報告書』山形県埋蔵文化財センター調査報告書231
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
Title 山形城三の丸跡第15・17・19次発掘調査報告書
Participation-organizations Banner (公財)山形県埋蔵文化財センター - 山形県
Alternative やまがたじょう さんのまる あとだい15・17・19じはっくつ ちょうさほうこくしょ
Subtitle
Volume
Series 山形県埋蔵文化財センター調査報告書
Series Number 231
Author
Editorial Organization
公益財団法人山形県埋蔵文化財センター
Publisher
公益財団法人山形県埋蔵文化財センター
Publish Date 20180731
Publisher ID
ZIP CODE 9993246
TEL 0236725301
Aaddress 山形県上山市中山字壁屋敷5608番地
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Site
Site Name 山形城三の丸跡第15・17・19次
Site Name Transcription やまがたじょうさんのまるあと
Order in book
Address 山形県山形市旅籠町
Address Transcription やまがたけんやまがたしはたごまち
City Code 062014
Site Number 201-003
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 384202
East Longitude (WGS) 1405602
Research Period
20140602-20141205
20150525-20151112
20160613-20160901
Research Space
3609
Research Causes 山形広域都市計画道路事業3・2・5号旅籠町八日町線(七日町地内)
OverView
Site Type
城館
Main Age
中世(細分不明)
近代(細分不明)
Main Features
溝跡
土坑
Main Foundings
陶磁器
鉱滓
Remark 三の丸構築以前の大規模な区画溝跡を確認した。
また、三の丸堀跡も一部確認した。
(文化財認定箱数:137)
Site Type
城館
Main Age
近世(細分不明)
Main Features
溝跡
堀跡
土坑
柱穴
Main Foundings
陶磁器
石製品
金属製品
木製品
Remark
Site Type
城館
Main Age
近代(細分不明)
Main Features
土坑
柱穴
Main Foundings
陶磁器
ガラス製品
石製品
木製品
Remark
Abstract  山形城の三の丸構築以前の大規模な区画溝を検出した。また、当時のものと推察される鍛冶滓も大量に出土した。
 三の丸の堀跡も検出し、18世紀以降の遺物が出土した。堀は明治時代初期に土塁を崩して埋め立てたとみられる。堀跡は素掘りで深さは2mほど。外側上部には石組がしてあったとみられる。
 武家屋敷があった区域からも、概ね18世紀以降の遺物が出土し、現在の町割りが秋元家入府以降に行われたものと推察される。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 164
File download : 104

All Events

外部出力

Similar Reports

Similar Events