奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
25005 reports
( Participation 490 Orgs )
report count
69364 reports
( compared to the privious fiscal year + 640 reports )
( Participation 1688 Orgs )
site summary count
131921 reports
( compared to the privious fiscal year + 1319 reports )

台町遺跡・台町古墳群

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/36120
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.36120
引用表記 丸森町教育委員会 2017 『丸森町文化財調査報告書 23:台町遺跡・台町古墳群』丸森町教育委員会
丸森町教育委員会 2017 『台町遺跡・台町古墳群』丸森町文化財調査報告書 23
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
Title 台町遺跡・台町古墳群
Alternative だいまち いせき ・ だいまち こふんぐん
Subtitle 阿武隈川下流右岸金山地区河川改修事業に伴う平成28年度発掘調査報告書
Volume
Series 丸森町文化財調査報告書
Series Number 23
Author
Editorial Organization
丸森町教育委員会
Publisher
丸森町教育委員会
Publish Date 20170922
Publisher ID 04341
ZIP CODE 9812192
TEL 0224723036
Aaddress 宮城県伊具郡丸森町字鳥屋120
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Site
Site Name 台町遺跡
Site Name Transcription だいまちいせき
Order in book 1
Address 宮城県伊具郡丸森町金山字下片山ほか
Address Transcription みやぎけんいぐぐんまるもりまちあざしもかたやまほか
City Code 04341
Site Number 10102
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 375446
East Longitude (WGS) 1404739
Research Period
20160509-20170131
Research Space
6133
Research Causes 記録保存調査
OverView
Site Type
集落
Main Age
縄文
弥生
古代(細分不明)
Main Features
竪穴住居跡2
掘立柱建物跡10
塀跡5
井戸跡2
土坑36
溝跡56
Main Foundings
縄文土器
弥生土器
土師器
須恵器
中世陶磁器
近世陶磁器
石器
金属製品
Remark 弥生時代中期後半の竪穴住居跡1軒を検出
Site Name 台町古墳群
Site Name Transcription だいまちこふんぐん
Order in book 2
Address 宮城県伊具郡丸森町字二本木ほか
Address Transcription みやぎけんいぐぐんまるもりまちあざにほんぎほか
City Code 04341
Site Number 10050
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 375444
East Longitude (WGS) 1404730
Research Period
20160509-20170131
Research Space
6133
Research Causes 記録保存調査
OverView
Site Type
古墳
Main Age
古墳
Main Features
Main Foundings
Remark
Abstract  台町遺跡と台町古墳群は、阿武隈川とその支流である雉子尾川に挟まれた、台町丘陵およびその東側に広がる沖積低地上に立地している。国土交通省東北地方整備局仙台河川国道事務所による阿武隈川下流右岸金山地区河川改修事業に伴い、平成28年度に発掘調査を実施した。調査の結果、台町遺跡において、弥生時代の竪穴住居跡1軒・縄文時代~弥生時代の貯蔵穴4基、古代以降の竪穴住居跡1軒、掘立柱建物跡10棟、塀跡および柱穴列5条、井戸跡2基、土坑36基、溝跡56条、ピット等を検出した。弥生時代の竪穴住居跡は県南地域では初めての発見で、出土した土器から中期後半頃のものと考えられる。このほか、古墳~奈良時代・中世・近世の遺構・遺物が発見されたことにより、この地が長期間にわたって人々に利用されてきたことが明らかになった。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 113
File download : 127

All Events

外部出力

Similar Reports

Similar Events