奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
25018 reports
( Participation 491 Orgs )
report count
69378 reports
( compared to the privious fiscal year + 654 reports )
( Participation 1688 Orgs )
site summary count
132120 reports
( compared to the privious fiscal year + 1391 reports )

団子山西遺跡Ⅰ

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/35995
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.35995
引用表記 宮城県教育委員会 2018 『宮城県文化財調査報告書248:団子山西遺跡Ⅰ』宮城県教育委員会
宮城県教育委員会 2018 『団子山西遺跡Ⅰ』宮城県文化財調査報告書248
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
Title 団子山西遺跡Ⅰ
Alternative 団子山西遺跡Ⅰ
Subtitle 田尻西部地区ほ場整備事業に係わる平成22~25年度(H・I・L区)発掘調査報告書
Volume
Series 宮城県文化財調査報告書
Series Number 248
Author
Editorial Organization
宮城県教育委員会
Publisher
宮城県教育委員会
Publish Date 20181221
Publisher ID 041017
ZIP CODE 9808423
TEL 0222113685
Aaddress 宮城県仙台市青葉区本町三丁目8番1号
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Site
Site Name 団子山西遺跡
Site Name Transcription だんごやまにしいせき
Order in book
Address 宮城県大崎市田尻小松・大嶺・中目・通木
Address Transcription みやぎけんおおさきしたじりこまつ・おおみね・なかのめ・とおりき
City Code 04215
Site Number 38011
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 383624
East Longitude (WGS) 1410046
Research Period
20111102-20111206
20110408-20110428
20120523-20121207
20130917-20130920
20131105-20131106
Research Space
20470
Research Causes 経営体育成基盤整備事業(ほ場整備)
OverView
Site Type
集落
Main Age
縄文
古墳
奈良
平安
中世(細分不明)
Main Features
遺物包含層
道路跡
掘立柱建物跡
竪穴建物跡
材木塀跡
土器埋設遺構
溝跡
土坑
小溝状遺構群
河川跡
自然流路跡
湿地跡
Main Foundings
縄文土器
石器・石製品
土師器
須恵器
赤焼土器
木製品
鉄製品
動植物遺存体
文字資料
磁器
中世陶器
銭貨
漆製品
竹製品
Remark (古代)新田柵跡へ向かう南北方向の基幹道路と考えられる道路跡や、計画的に配置された建物跡群を検出。新田柵跡と密接な関係をもつ集落遺跡。
(中世)伊豆沼窯跡群産の中世陶器が出土。
Abstract 団子山西遺跡は、宮城県北部の内陸部に位置し、江合川の支流である田尻川両岸の標高12~18mの沖積地に立地する、奈良・平安時代を中心とした大規模な遺跡である。
 ほ場整備事業に伴う発掘調査の結果、奈良・平安時代の道路跡、掘立柱建物跡、竪穴建物跡、材木塀跡、土器埋設遺構、溝跡、土坑、小溝状遺構群、河川跡、自然流路跡、湿地跡等を検出した。道路跡は8世紀後半から9世紀前半頃に機能したと推定され、位置や規模から北側に隣接する新田柵跡に伴う南北方向の基幹道路に位置づけられる。掘立柱建物跡や竪穴建物跡は道路の位置や方向を基準に配置されている。また、Ⅰ-9区では、東西60m、南北30mの範囲に、9世紀前半と推定される計画的に配置された掘立柱建物跡が検出された。
 出土遺物は、土師器、須恵器、赤焼土器、瓦、硯、石製品、木製品、鉄製品、動植物遺存体、文字資料等である。時期は8世紀前半から10世紀前葉で、8世紀後半から9世紀前葉が主体である。
 遺構・遺物の成果から、団子山西遺跡は新田柵跡と密接に関連した集落跡と考えられる。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 232
File download : 119

All Events

外部出力

Similar Reports

Similar Events