奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
28092 reports
( Participation 548 Orgs )
report count
88446 reports
( compared to the privious fiscal year + 393 reports )
( Participation 1739 Orgs )
site summary count
136110 reports
( compared to the privious fiscal year + 446 reports )
現在の文化財論文件数
1227 reports
( compared to the privious fiscal year + 410 reports )
video count
424 reports
( compared to the privious fiscal year + 13 reports )
( Participation 47 Orgs )
文化財イベント件数
510 reports
( compared to the privious fiscal year + 2 reports )
※過去開催分含む

知内町湯の里2遺跡2

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/28165
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.28165
引用表記 公益財団法人 北海道埋蔵文化財センター 2017 『公益財団法人 北海道埋蔵文化財センター調査報告書334:知内町湯の里2遺跡2』公益財団法人 北海道埋蔵文化財センター
公益財団法人 北海道埋蔵文化財センター 2017 『知内町湯の里2遺跡2』公益財団法人 北海道埋蔵文化財センター調査報告書334
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
Title 知内町湯の里2遺跡2
Participation-organizations (公財)北海道埋蔵文化財センター - 北海道
Alternative しりうちちょうゆのさとにいせき2
Subtitle 北海道新幹線建設事業埋蔵文化財発掘調査報告書
Volume
Series 公益財団法人 北海道埋蔵文化財センター調査報告書
Series Number 334
Author
Editorial Organization
公益財団法人 北海道埋蔵文化財センター
Publisher
公益財団法人 北海道埋蔵文化財センター
Publish Date 20170324
Publisher ID
ZIP CODE 069-0832
TEL 011-386-3231
Aaddress 北海道江別市西野幌685番地1
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
所収論文
Site
Site Name 湯の里2遺跡
Site Name Transcription ゆのさとにいせき
Order in book
Address 北海道上磯郡知内町字湯ノ里66番2
Address Transcription ほっかいどうかみいそぐんしりうちちょうあざゆのさと66ばん2
City Code 01333
Site Number B-04-18
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 413554.73
East Longitude (WGS) 1401955.80
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 41.598536 140.332166
Research Period
20160510-20160603
Research Space
84
Research Causes 北海道新幹線建設に伴う記録保存
OverView
Site Type
集落
Main Age
縄文
Main Features
竪穴住居跡1
石囲炉
焼土
剥片集中1
Main Foundings
土器
石器
Remark 主な時代:縄文前期後半から中期前半
Abstract [湯の里2遺跡 要約]
遺跡はJR湯の里知内信号場・道の駅しりうちから南へ500m、知内川の資料である出石川砂岩の舌状台地上に立地する。湯の里2遺跡の2冊目の報告書となる。昭和58年度に津軽海峡線建設工事に伴い、(財)北海道埋蔵文化財センターによって1,661平方メートルの発掘調査が行われ、報告書(北埋調報18)が刊行されている。今回は北海道新幹線建設工事の防音壁工事に伴う発掘調査である。発掘調査範囲は舌状台地の先端部の84平方メートルである。遺構は、竪穴住居跡1軒、石囲炉・焼土5か所、剥片集中1か所を検出した。竪穴住居跡は縄文時代前期後半のものだる。石囲炉・焼土は1か所が石囲い炉、2か所が石囲炉の可能性があるものである。石囲炉(F-30)は晩期中葉もしくは前期後半、その他は、前期後半のものと考えられる。遺物は、土器2,725点、石器等1,323点の合計4,048点が出土している。土器は、縄文時代前期後半がほとんどを占め、次いで中期前半のものが少数出土している。石器はスクレイパー、たたき石、扁平打製石器が多く出土している。土製品は摺切土器片、焼成粘土塊、石製品は線刻礫が出土している。 
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 103
File download : 83

All Events

外部出力

Similar Reports

Similar Events