奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
28119 reports
( Participation 550 Orgs )
report count
88500 reports
( compared to the privious fiscal year + 449 reports )
( Participation 1739 Orgs )
site summary count
136193 reports
( compared to the privious fiscal year + 527 reports )
現在の文化財論文件数
1227 reports
( compared to the privious fiscal year + 410 reports )
video count
425 reports
( compared to the privious fiscal year + 14 reports )
( Participation 47 Orgs )
文化財イベント件数
513 reports
( compared to the privious fiscal year + 5 reports )
※過去開催分含む

厚真町朝日遺跡

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/27744
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.27744
引用表記 公益財団法人 北海道埋蔵文化財センター 2015 『公益財団法人 北海道埋蔵文化財センター調査報告書313:厚真町朝日遺跡』公益財団法人 北海道埋蔵文化財センター
公益財団法人 北海道埋蔵文化財センター 2015 『厚真町朝日遺跡』公益財団法人 北海道埋蔵文化財センター調査報告書313
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
Title 厚真町朝日遺跡
Participation-organizations (公財)北海道埋蔵文化財センター - 北海道
Alternative あつまちょうあさひいせき
Subtitle 道道上幌内早来停車場線埋蔵文化財発掘調査報告書
Volume
Series 公益財団法人 北海道埋蔵文化財センター調査報告書
Series Number 313
Author
Editorial Organization
公益財団法人 北海道埋蔵文化財センター
Publisher
公益財団法人 北海道埋蔵文化財センター
Publish Date 20150325
Publisher ID
ZIP CODE 069-0832
TEL 011-386-3231
Aaddress 北海道江別市西野幌685番地1
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
所収論文
Site
Site Name 朝日遺跡
Site Name Transcription あさひいせき
Order in book
Address 北海道厚真町朝日209-1ほか
Address Transcription ほっかいどうあつまちょうあさひ209-1ほか
City Code 01581
Site Number J-13-3
North Latitude (JGD) 424410
East Longitude (JGD) 1415403
North Latitude (WGS)
East Longitude (WGS)
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 42.7386 141.8971
Research Period
20120820-20121109
20130131-20130202
Research Space
1760
Research Causes 道道上幌内早来停車場線特改1種工事(道州)に伴う事前調査
OverView
Site Type
古墳
散布地
その他
Main Age
縄文
続縄文
Main Features
土坑
落し穴
焼土
小柱穴
遺物集中
木質粘土集中
獣歯集中
獣骨片集中
盛土状「捨て場」
Main Foundings
縄文土器
注 口土器(大洞C1相当)
在地系土器(晩期初頭 )
石器
土製品
土偶
耳栓
舟形 土製品など
石製品
ヒ スイ製勾玉・丸玉(晩期)
金属製品(続縄文)
コハク玉(続縄文)
ガラス小玉(続縄文)
緑泥 石岩?製平玉(続縄文)
蛇 紋岩製丸玉(続縄文)
獣骨
Remark 縄文時代晩期初頭と、続縄文時代中葉の墓域で、厚真町では最古級に相当する続縄文時代の鉄製品が出土している。縄文時代晩期の土坑墓では、8体合葬墓のほか、人歯など、人骨痕跡が残存する遺構が18基確認された。
Abstract
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 62
File download : 4

All Events

外部出力

Similar Reports

Similar Events