奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
27136 reports
( Participation 529 Orgs )
report count
86890 reports
( compared to the privious fiscal year + 18253 reports )
( Participation 1726 Orgs )
site summary count
135856 reports
( compared to the privious fiscal year + 4699 reports )
video count
348 reports
( compared to the privious fiscal year + 348 reports )
( Participation 35 Orgs )
文化財イベント件数
487 reports
( compared to the privious fiscal year + 72 reports )
※過去開催分含む

江別市対雁2遺跡(10)

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/24624
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.24624
引用表記 財団法人 北海道埋蔵文化財センター 2008 『財団法人 北海道埋蔵文化財センター調査報告書255:江別市対雁2遺跡(10)』財団法人 北海道埋蔵文化財センター
財団法人 北海道埋蔵文化財センター 2008 『江別市対雁2遺跡(10)』財団法人 北海道埋蔵文化財センター調査報告書255
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
Title 江別市対雁2遺跡(10)
Participation-organizations (公財)北海道埋蔵文化財センター - 北海道
Alternative えべつしついしかりにいせき10
Subtitle 石狩川改修工事用地内埋蔵文化財発掘調査報告書
Volume
Series 財団法人 北海道埋蔵文化財センター調査報告書
Series Number 255
Author
Editorial Organization
財団法人 北海道埋蔵文化財センター
Publisher
財団法人 北海道埋蔵文化財センター
Publish Date 20080327
Publisher ID
ZIP CODE 069-0832
TEL 011-386-3231
Aaddress 北海道江別市西野幌685番地1
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Site
Site Name 対雁2遺跡(10)
Site Name Transcription ついしかり2いせき10
Order in book
Address 北海道江別市工栄町28番地(石狩川河川敷緑地内)
Address Transcription ほっかいどうえべつしこうえいちょう28ばんち(いしかりがわかせんじきりょくちない)
City Code 01217
Site Number A-02-110
North Latitude (JGD) 430746
East Longitude (JGD) 1413100
North Latitude (WGS) 430747
East Longitude (WGS) 1413101
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 43.129722 141.516944
Research Period
20070820-20070921
Research Space
150
Research Causes 河川改修に伴う記録保存
OverView
Site Type
散布地
Main Age
続縄文
Main Features
土坑8
焼土28
Main Foundings
土器片
石鏃
スクレイパー
剥片
礫等
Remark 種別:遺物包含地
主な時代:続縄文前葉
Abstract  1999(平成11)年度から行われている調査は、今年度で9年目となる。本書は10冊目の報告書である。遺跡はJR江別駅の北西約4kmの石狩川左岸に位置する。世田豊平川との合流地点より上流側の河川敷堤防内であり、現地標高約8mの自然堤防上の微高地に立地する。本報告は、平成1999(平成11)・2007(平成19)年度に調査を行った、東西方向146〜149線間、南北方向73〜75線間の150平米を対象としている。土坑8基、焼土28か所の遺構を検出し、土器片709点、石器等1,001点、合計1,710点の遺物が出土している。遺構・遺物の時期は、続縄文時代前葉である。2007(平成19)年度で発掘調査が休止されることから、遺跡保護のための養生施工を行った。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 76
File download : 32

All Events

外部出力

Similar Reports

Similar Events