奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
27126 reports
( Participation 529 Orgs )
report count
86873 reports
( compared to the privious fiscal year + 18236 reports )
( Participation 1726 Orgs )
site summary count
135830 reports
( compared to the privious fiscal year + 4673 reports )
video count
348 reports
( compared to the privious fiscal year + 348 reports )
( Participation 35 Orgs )
文化財イベント件数
487 reports
( compared to the privious fiscal year + 72 reports )
※過去開催分含む

猪渕谷坑道群間歩ヶ谷支群他

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/23986
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.23986
引用表記 公益財団法人兵庫県まちづくり技術センター埋蔵文化財調査部 2017 『兵庫県文化財調査報告493:猪渕谷坑道群間歩ヶ谷支群他』兵庫県教育委員会
公益財団法人兵庫県まちづくり技術センター埋蔵文化財調査部 2017 『猪渕谷坑道群間歩ヶ谷支群他』兵庫県文化財調査報告493
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
Title 猪渕谷坑道群間歩ヶ谷支群他
Participation-organizations 兵庫県教育委員会 - 兵庫県
Alternative いぶちだにこうどうぐんまぶがたにしぐんほか
Subtitle 新名神高速道路 箕面~神戸間(兵庫県域)建設工事に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
Volume
Series 兵庫県文化財調査報告
Series Number 493
Author
Editorial Organization
公益財団法人兵庫県まちづくり技術センター埋蔵文化財調査部
Publisher
兵庫県教育委員会
Publish Date 20170324
Publisher ID 28000
ZIP CODE 6508567
TEL 0783623784
Aaddress 兵庫県神戸市中央区下山手通5丁目10番1号
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Site
Site Name 猪渕谷坑道群間歩ヶ谷支群・第1号間歩・第2号間歩・新名神№13地点
Site Name Transcription いぶちだにこうどうぐんまぶがたにしぐん・だい1ごうまぶ・だい2ごうまぶ・しんめいしん№13ちてん
Order in book 猪渕谷坑道群間歩ヶ谷支群・第1号間歩・第2号間歩・新名神№13地点
Address 兵庫県川辺郡猪名川町猪渕、同字西ヶ平
Address Transcription ひょうごけんかわべぐんいながわちょう
City Code 28301
Site Number 28301(猪渕谷坑道群間歩ヶ谷支群・第1号間歩・第2号間歩)
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 345258
East Longitude (WGS) 1352022
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 34.882777 135.339444
Research Period
20100701-20100812
20110715-20110715
20110823-20110823
20110830-20110830
20121121-20121121
20130117-20130118
20131210-20140314
Research Space
229
3
20
230
Research Causes 新名神高速道路 箕面~神戸間(兵庫県域)建設工事
OverView
Site Type
その他の生産遺跡
Main Age
江戸
明治
Main Features
坑道
比重選鉱施設
製錬施設
焼窯
礎石建物
Main Foundings
陶磁器
スラッグ
木製品
金属製品
Remark 坑道に隣接して選鉱・製錬に至る各工程の作業場を発見
Abstract 猪渕谷坑道群間歩ヶ谷支群では、谷奥にある数十m以上の全長をもつ2つの坑道を確認した。この谷では選鉱から製錬にいたる各工程の作業場所の所在が明らかになった。坑道は構造などから17世紀後半に始まったと考えられるが、製錬施設周辺から出土した陶磁器の年代は幕末から明治に下るものが多い。江戸時代に採掘が始まったものの、生産関係の諸施設の時期は明治以降と考えられる。
 また、猪渕谷地区では、江戸時代に試掘坑道として掘削された可能性が高い2カ所の間歩と19世紀中頃以降に廃絶した地下構造の竃1基の調査を行った。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 618
File download : 158

All Events

外部出力

Similar Reports

Similar Events