奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
27988 reports
( Participation 544 Orgs )
report count
88345 reports
( compared to the privious fiscal year + 292 reports )
( Participation 1738 Orgs )
site summary count
135975 reports
( compared to the privious fiscal year + 319 reports )
現在の文化財論文件数
1157 reports
( compared to the privious fiscal year + 340 reports )
video count
416 reports
( compared to the privious fiscal year + 5 reports )
( Participation 47 Orgs )
文化財イベント件数
510 reports
( compared to the privious fiscal year + 2 reports )
※過去開催分含む

首里城跡

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/21933
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.21933
引用表記 沖縄県立埋蔵文化財センター 2014 『沖縄県立埋蔵文化財センター調査報告書73:首里城跡』沖縄県立埋蔵文化財センター
沖縄県立埋蔵文化財センター 2014 『首里城跡』沖縄県立埋蔵文化財センター調査報告書73
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
Title 首里城跡
Participation-organizations 沖縄県立埋蔵文化財センター - 沖縄県
Alternative しゅりじょうあと
Subtitle 京の内跡発掘調査報告書(Ⅴ) 平成6年度調査の遺物編(2)
Volume
Series 沖縄県立埋蔵文化財センター調査報告書
Series Number 73
Author
Editorial Organization
沖縄県立埋蔵文化財センター
Publisher
沖縄県立埋蔵文化財センター
Publish Date 20140331
Publisher ID 470007
ZIP CODE 9030125
TEL 0988358752
Aaddress 沖縄県中頭郡西原町字上原193-7
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
所収論文
Site
Site Name 首里城跡
Site Name Transcription しゅりじょうあと
Order in book
Address 沖縄県那覇市首里当蔵町3丁目1番ほか
Address Transcription おきなわけんなはししゅりとうのくらちょう3ちょうめ1ばんほか
City Code 47201
Site Number
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 261232
East Longitude (WGS) 1274320
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 26.208888 127.722222
Research Period
19941121-19950328
Research Space
2000
Research Causes 国営首里城公園整備事業
OverView
Site Type
城館
Main Age
近世(細分不明)
グスク
Main Features
区画石積み
塼敷きなど
Main Foundings
中国産(青磁
白磁
青花
褐釉陶器等)
タイ産(土器
炻器
褐釉陶器)
金属製品(鎧の小札
鎖帷子
銭貨等)
ガラス製品(小玉)
中世陶器など
Remark 京の内跡から1459年の火災により焼失した倉庫跡が発掘された。この倉庫より陶磁器類を主体とする一括資料が得られ、平成12年に「沖縄県首里城京の内跡出土陶磁器518点 附一、金属製品一括 附一、ガラス玉一括」として国の重要文化財に指定された。

主な時代:中世(グスク)近世
Abstract  首里城公園計画区内における首里城復元整備に伴う遺構確認調査は、平成6年度から平成9年度までの四カ年間に亘って「京の内」地区の復元整備に必要な基礎資料を得る目的で発掘調査を実施した。この調査では、遺構を6時期に分類した中で、第Ⅰ期(14世紀前半~14世紀後半)から第Ⅲ期(15世紀中頃)までの出土遺物(造成層や攪乱層を含む)について報告をおこなっている。今回は、第Ⅳ期(15世紀後半~16世紀初頭)までの出土品(造成層や攪乱層を含む)を報告する。石敷きSS03-Bから「皇宋通寶」の鋳造の際に使用した銭形(原本:字款が裏返っている)が初めて確認された。この銭形の発見により首里城内で「皇宋通寶」の複製銭を鋳造したことを示す貴重な資料が得られた。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 330
File download : 340

All Events

外部出力

Similar Reports

Similar Events