Headerlogo en 奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
23958 reports
( Participation 467 Orgs )
report count
63947 reports
( compared to the privious fiscal year + 15511 reports )
( Participation 1596 Orgs )
site summary count
127793 reports
( compared to the privious fiscal year + 33696 reports )

雲岩寺C古墳群・高根山A古墳群

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/21899
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.21899
引用表記 静岡県埋蔵文化財センター 2013 『静岡県埋蔵文化財センター調査報告28:雲岩寺C古墳群・高根山A古墳群浜松市ー5』静岡県埋蔵文化財センター
静岡県埋蔵文化財センター 2013 『雲岩寺C古墳群・高根山A古墳群浜松市ー5』静岡県埋蔵文化財センター調査報告28
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Title 雲岩寺C古墳群・高根山A古墳群
Alternative うがんじしーこふんぐん・たかねやまえーこふんぐん
Subtitle 第二東名建設事業に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
Volume 浜松市ー5
Series 静岡県埋蔵文化財センター調査報告
Series Number 28
Author
Editorial Organization
静岡県埋蔵文化財センター
Publisher
静岡県埋蔵文化財センター
Publish Date 20130228
Publisher ID 22000
ZIP CODE 4228002
TEL 0542624261
Aaddress 静岡県静岡市駿河区谷田23番20号
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Site
Site Name 雲岩寺C古墳群
Site Name Transcription うがんじしーこふんぐん
Order in book 1
Address 静岡県浜松市浜北区根堅
Address Transcription しずおかけんはままつしはまきたくねがた
City Code 22130
Site Number
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 345008
East Longitude (WGS) 1374715
Research Period
20000201-20010731
Research Space
7281
Research Causes 第二東名建設事業
OverView
Site Type
古墳
Main Age
古墳
Main Features
横穴式石室
Main Foundings
須恵器
土師器
玉類
直刀
鉄鏃
Remark 後期群集墳
Site Name 高根山A古墳群
Site Name Transcription たかねやまえーこふんぐん
Order in book 2
Address 静岡県浜松市浜北区根堅
Address Transcription しずおかけんはままつしはまきたくねがた
City Code 22130
Site Number
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 345006
East Longitude (WGS) 1362736
Research Period
20011001-20030331
Research Space
11080
Research Causes 第二東名建設事業
OverView
Site Type
古墳
Main Age
古墳
Main Features
横穴式石室
古代墓
Main Foundings
須恵器
土師器
玉類
耳環
直刀
鉄鏃
灰釉陶器
Remark 後期群集墳、土坑墓、火葬墓

種別:古墳 その他の墳墓
Abstract  雲岩寺C古墳群・高根山A古墳群は、浜松市浜北区に所在する静岡県下を代表する古墳時代後期の群集墳の一つ。この地域の浜北区北部丘陵には横穴式石室を主体部とする数百基が密集し、大型群集墳を形成する。今回の調査によって両古墳群は、6世紀中・後葉に中心となる古墳が造られ、7世紀中葉~後葉に入り急速に拡大していたことが判明した。
 古い時期に築造された古墳には明瞭な墳丘が認められ、石室の規模も大きいものがあった。副葬品は須恵器を主体にするものが一般的で、少数の古墳には玉類、耳環など装身具や直刀、鉄鏃など武器類が副葬され、群集墳の内部で、階層差を認めることができた。
 高根山A古墳群からは10~11世紀の土坑墓と火葬墓が群集して発見されたが、当該期の墓としては例がなく貴重である。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 130
File download : 309

All Events

Similar Reports

Similar Events