Headerlogo 奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
発行機関の方へ
現在の書誌登録数
23326 件
( 前年度比 + 2177 件 )
( 発行機関数 438 機関 )
現在の遺跡抄録件数
40504 件
( 前年度比 + 4048 件 )

雲岩寺C古墳群・高根山A古墳群

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/21899
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.21899
ファイル
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
書名 雲岩寺C古墳群・高根山A古墳群
書名かな うがんじしーこふんぐん・たかねやまえーこふんぐん
副書名 第二東名建設事業に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
巻次 浜松市ー5
シリーズ名 静岡県埋蔵文化財センター調査報告
シリーズ番号 28
編著者名
編集機関
静岡県埋蔵文化財センター
発行機関
静岡県埋蔵文化財センター
発行年月日 20130228
作成機関ID 22000
郵便番号 4228002
電話番号 0542624261
住所 静岡県静岡市駿河区谷田23番20号
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・保存管理計画)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
備考
所収遺跡
遺跡名 雲岩寺C古墳群
遺跡名かな うがんじしーこふんぐん
本内順位 1
遺跡所在地 静岡県浜松市浜北区根堅
所在地ふりがな しずおかけんはままつしはまきたくねがた
市町村コード 22130
遺跡番号
北緯(日本測地系)
東経(日本測地系)
北緯(世界測地系) 345008
東経(世界測地系) 1374715
調査期間
20000201-20010731
調査面積
7281
調査原因 第二東名建設事業
遺跡概要
種別
古墳
時代
古墳
主な遺構
横穴式石室
主な遺物
須恵器
土師器
玉類
直刀
鉄鏃
特記事項 後期群集墳
遺跡名 高根山A古墳群
遺跡名かな たかねやまえーこふんぐん
本内順位 2
遺跡所在地 静岡県浜松市浜北区根堅
所在地ふりがな しずおかけんはままつしはまきたくねがた
市町村コード 22130
遺跡番号
北緯(日本測地系)
東経(日本測地系)
北緯(世界測地系) 345006
東経(世界測地系) 1362736
調査期間
20011001-20030331
調査面積
11080
調査原因 第二東名建設事業
遺跡概要
種別
古墳
時代
古墳
主な遺構
横穴式石室
古代墓
主な遺物
須恵器
土師器
玉類
耳環
直刀
鉄鏃
灰釉陶器
特記事項 後期群集墳、土坑墓、火葬墓
要約  雲岩寺C古墳群・高根山A古墳群は、浜松市浜北区に所在する静岡県下を代表する古墳時代後期の群集墳の一つ。この地域の浜北区北部丘陵には横穴式石室を主体部とする数百基が密集し、大型群集墳を形成する。今回の調査によって両古墳群は、6世紀中・後葉に中心となる古墳が造られ、7世紀中葉~後葉に入り急速に拡大していたことが判明した。
 古い時期に築造された古墳には明瞭な墳丘が認められ、石室の規模も大きいものがあった。副葬品は須恵器を主体にするものが一般的で、少数の古墳には玉類、耳環など装身具や直刀、鉄鏃など武器類が副葬され、群集墳の内部で、階層差を認めることができた。
 高根山A古墳群からは10~11世紀の土坑墓と火葬墓が群集して発見されたが、当該期の墓としては例がなく貴重である。
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 62
ファイルダウンロード数 : 135

全国のイベント

内容が似ている報告書