Headerlogo en 奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
23621 reports
( Participation 458 Orgs )
report count
61980 reports
( compared to the privious fiscal year + 13427 reports )
( Participation 1584 Orgs )
site summary count
126605 reports
( compared to the privious fiscal year + 32414 reports )

篠場瓦窯跡・上海土遺跡

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/21898
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.21898
引用表記 静岡県埋蔵文化財センター 2013 『静岡県埋蔵文化財センター調査報告27:篠場瓦窯跡・上海土遺跡浜松市ー4』静岡県埋蔵文化財センター
静岡県埋蔵文化財センター 2013 『篠場瓦窯跡・上海土遺跡浜松市ー4』静岡県埋蔵文化財センター調査報告27
File
Title 篠場瓦窯跡・上海土遺跡
Alternative しのんばがようあと・かみかいといせき
Subtitle 第二東名建設事業に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
Volume 浜松市ー4
Series 静岡県埋蔵文化財センター調査報告
Series Number 27
Author
Editorial Organization
静岡県埋蔵文化財センター
Publisher
静岡県埋蔵文化財センター
Publish Date 20130325
Publisher ID 22000
ZIP CODE 4228002
TEL 0542624261
Aaddress 静岡県静岡市駿河区谷田23番20号
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Site
Site Name 篠場瓦窯跡
Site Name Transcription しのんばがようあと
Order in book 1
Address 静岡県浜松市浜北区根堅
Address Transcription しずおかけんはままつしはまきたくねがた
City Code 22130
Site Number
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 345018
East Longitude (WGS) 1374755
Research Period
20020730-20041117
Research Space
12270
Research Causes 第二東名建設事業
OverView
Site Type
Main Age
奈良
Main Features
窯跡
大型土坑
瓦集中遺構
掘立柱建物
Main Foundings
軒丸瓦
軒平瓦
丸瓦
平瓦
熨斗瓦
螻羽瓦
鬼瓦
鴟尾
須恵器
陶馬
Remark
Site Name 上海土遺跡
Site Name Transcription かみかいといせき
Order in book 2
Address 静岡県浜松市浜北区根堅
Address Transcription しずおかけんはままつしはまきたくねがた
City Code 22130
Site Number
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 345020
East Longitude (WGS) 1374747
Research Period
20020730-20031031
Research Space
9800
Research Causes 第二東名建設事業
OverView
Site Type
集落
Main Age
室町
戦国
江戸
Main Features
掘立柱建物
Main Foundings
陶磁器
土師質土器
Remark
Abstract  篠場瓦窯では、7世紀末から8世紀初頭にかけての瓦窯が3基発見されている。築造順序は、3号窯・2号窯・1号窯の順である。瓦窯は3基とも構造が異なっており、3号窯は直立煙道式緩傾斜窯、2号窯は有階有段式窖窯、1号窯は有階無段式窖窯である。窯跡や灰原からは多量の瓦が出土している。各種の瓦が出土しており、大和・山田寺出土のものと同形態の螻羽瓦や、平瓦を粘土素材とする無文鬼瓦、藁座痕が残る平瓦制作時の截断片、三角形の粘土板を用いて制作された丸瓦など、全国的にも希少な資料が出土している。また「廣山」「山作瓦」の文字が指書きされた文字瓦の存在も確認されている。3基の瓦窯はいずれも瓦陶兼業窯で、数は少ないが須恵器も焼成されており、1号窯では静岡県で初例となる環状瓶が出土している。静岡県内でも初期の瓦窯であり、瓦の技法や文様は遠江地域の古代寺院の瓦に大きな影響を与えている。篠場瓦窯の西側に隣接する上海土遺跡では、中世末から近世にかけての掘立柱建物が3棟検出されており、同時期の土器や陶磁器が出土している。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 266
File download : 139

All Events

Similar Reports

Similar Events