Headerlogo en 奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
23958 reports
( Participation 467 Orgs )
report count
63947 reports
( compared to the privious fiscal year + 15511 reports )
( Participation 1596 Orgs )
site summary count
127793 reports
( compared to the privious fiscal year + 33696 reports )

中通遺跡・寺海土遺跡

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/21875
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.21875
引用表記 静岡県埋蔵文化財センター 2012 『静岡県埋蔵文化財センター調査報告15:中通遺跡・寺海土遺跡浜松市-3』静岡県埋蔵文化財センター
静岡県埋蔵文化財センター 2012 『中通遺跡・寺海土遺跡浜松市-3』静岡県埋蔵文化財センター調査報告15
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Title 中通遺跡・寺海土遺跡
Alternative なかどおりいせき・てらかいといせき
Subtitle 第二東名建設事業に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
Volume 浜松市-3
Series 静岡県埋蔵文化財センター調査報告
Series Number 15
Author
Editorial Organization
静岡県埋蔵文化財センター
Publisher
静岡県埋蔵文化財センター
Publish Date 20120330
Publisher ID 22000
ZIP CODE 4228002
TEL 0542624261
Aaddress 静岡県静岡市駿河区谷田23番20号
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Site
Site Name 中通遺跡
Site Name Transcription なかどおりいせき
Order in book 1
Address 静岡県浜松市浜北区根堅
Address Transcription しずおかけんはままつしはまきたくねがた
City Code 22132
Site Number
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 345021
East Longitude (WGS) 1374710
Research Period
20030109-20060227
Research Space
12300
Research Causes 第二東名建設事業
OverView
Site Type
集落
Main Age
縄文
中世(細分不明)
近世(細分不明)
Main Features
炉穴
集石
掘立柱建物
井戸
河川
土坑
Main Foundings
縄文土器
石器
中世陶器
瓦塔
陶磁器
銭貨
キセル
柱根
Remark
Site Name 寺海土遺跡
Site Name Transcription てらかいといせき
Order in book 2
Address 静岡県浜松市浜北区根堅
Address Transcription しずおかけんはままつしはまきたくねがた
City Code 22132
Site Number
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 345021
East Longitude (WGS) 13747198
Research Period
20040908-20051012
Research Space
5800
Research Causes 第二東名建設事業
OverView
Site Type
集落
Main Age
鎌倉
Main Features
道路
掘立柱建物
井戸
河川
祭祀関連遺構
土坑
Main Foundings
山茶碗
土師質土器
漆椀
下駄
曲物
種実
Remark
Site Type
交通
Main Age
Main Features
Main Foundings
Remark
Abstract  中通遺跡は、縄文時代と古代から近世にかけての複合遺跡である。なかでも注目されるのは、縄文時代の遺構である。縄文早期の遺構としては、早期の炉穴218基、集石が36基発見されている。1遺跡において発見された炉穴としては、東海地方で最多の数となる。炉穴と集石は、調査区の北西部の約2,000㎡の範囲に密集した状態で築かれており、繰り返し改築された様子が認められる。遺物の出土は少ないが、撚糸文や押型文土器などが出土している。
 寺海土遺跡は、鎌倉時代の遺跡である。遺構としては、河川跡や建物跡、祭祀関連遺構、道路遺構などが検出されている。河川が13世紀前葉までにそのほとんどが埋没し、建物や道路は河川の埋没後に築かれている。道路はやや位置を変えて2時期(13世紀前葉~中葉・13世紀中葉~14世紀)確認される。長さ64mにわたって調査区を東西に横断しており、古い時期の道路幅は約7mで両側には側溝が設けられている。遺物としては、山茶碗類に加え、土師質土器や木製品などが多数出土している。東側に隣接している中屋遺跡との関係が注目される。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 225
File download : 238

All Events

Similar Reports

Similar Events