奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
PDFがある書誌登録数
33555 件
( 発行機関数 638 機関 )
現在の書誌登録数
125303 件
( 前年度比 + 14215 件 )
( 発行機関数 1875 機関 )
現在の遺跡抄録件数
140777 件
( 前年度比 + 2389 件 )
現在の文化財論文件数
117292 件
( 前年度比 + 93704 件 )
現在の文化財動画件数
908 件
( 前年度比 + 133 件 )
( 登録機関数 87 機関 )
文化財イベント件数
751 件
( 前年度比 + 132 件 )
※過去開催分含む

中通遺跡・寺海土遺跡

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/21875
DOI QRコード
QRコードダウンロード
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.21875
引用表記 静岡県埋蔵文化財センター 2012 『静岡県埋蔵文化財センター調査報告15:中通遺跡・寺海土遺跡浜松市-3』静岡県埋蔵文化財センター
静岡県埋蔵文化財センター 2012 『中通遺跡・寺海土遺跡浜松市-3』静岡県埋蔵文化財センター調査報告15
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book|和書|first=寛生|last=武田|first2=順司|last2=足立|first3=三男|last3=鈴木|first4=とみ|last4=小川|first5=|last5=株式会社加速器分析研究所|first6=|last6=パリノ・サーヴェイ株式会社|first7=|last7=株式会社パレオ・ラボ|title=中通遺跡・寺海土遺跡|origdate=2012-03-30|date=2012-03-30|url=https://sitereports.nabunken.go.jp/21875|location=静岡県静岡市駿河区谷田23番20号|ncid=BB08851090|doi=10.24484/sitereports.21875|series=静岡県埋蔵文化財センター調査報告|volume=15}} 閉じる
ファイル
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
書名 中通遺跡・寺海土遺跡
発行(管理)機関 静岡県埋蔵文化財センター - 静岡県
書名かな なかどおりいせき・てらかいといせき
副書名 第二東名建設事業に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
巻次 浜松市-3
シリーズ名 静岡県埋蔵文化財センター調査報告
シリーズ番号 15
編著者名
編集機関
静岡県埋蔵文化財センター
発行機関
静岡県埋蔵文化財センター
発行年月日 20120330
作成機関ID 22000
郵便番号 4228002
電話番号 0542624261
住所 静岡県静岡市駿河区谷田23番20号
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・保存管理計画)
資料タイプ Research Paper
発掘調査報告 掲載されている(発掘調査報告書総目録の掲載対象)
所蔵大学(NCID)
JP番号
他の電子リソース
備考
所収論文
所収遺跡
遺跡名 中通遺跡
遺跡名かな なかどおりいせき
本内順位 1
遺跡所在地 静岡県浜松市浜北区根堅
所在地ふりがな しずおかけんはままつしはまきたくねがた
市町村コード 22136
遺跡番号
北緯(日本測地系)度分秒
東経(日本測地系)度分秒
北緯(世界測地系)度分秒 345021.1
東経(世界測地系)度分秒 1374708.6
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 34.839194 137.785722
※当該位置周辺を表示し、同一名称の遺跡データが存在する場合は遺跡をポイント表示します。
調査期間
20030109-20060227
調査面積(㎡)
12300
調査原因 第二東名建設事業
遺跡概要
種別
集落
時代
縄文
中世(細分不明)
近世(細分不明)
主な遺構
炉穴
集石
掘立柱建物
井戸
河川
土坑
主な遺物
縄文土器
石器
中世陶器
瓦塔
陶磁器
銭貨
キセル
柱根
特記事項
遺跡名 寺海土遺跡
遺跡名かな てらかいといせき
本内順位 2
遺跡所在地 静岡県浜松市浜北区根堅
所在地ふりがな しずおかけんはままつしはまきたくねがた
市町村コード 22136
遺跡番号
北緯(日本測地系)度分秒
東経(日本測地系)度分秒
北緯(世界測地系)度分秒 345021.4
東経(世界測地系)度分秒 1374717.9
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 34.839277 137.788305
※当該位置周辺を表示し、同一名称の遺跡データが存在する場合は遺跡をポイント表示します。
調査期間
20040908-20051012
調査面積(㎡)
5800
調査原因 第二東名建設事業
遺跡概要
種別
集落
時代
鎌倉
主な遺構
道路
掘立柱建物
井戸
河川
祭祀関連遺構
土坑
主な遺物
山茶碗
土師質土器
漆椀
下駄
曲物
種実
特記事項
種別
交通
時代
主な遺構
主な遺物
特記事項
要約  中通遺跡は、縄文時代と古代から近世にかけての複合遺跡である。なかでも注目されるのは、縄文時代の遺構である。縄文早期の遺構としては、早期の炉穴218基、集石が36基発見されている。1遺跡において発見された炉穴としては、東海地方で最多の数となる。炉穴と集石は、調査区の北西部の約2,000㎡の範囲に密集した状態で築かれており、繰り返し改築された様子が認められる。遺物の出土は少ないが、撚糸文や押型文土器などが出土している。
 寺海土遺跡は、鎌倉時代の遺跡である。遺構としては、河川跡や建物跡、祭祀関連遺構、道路遺構などが検出されている。河川が13世紀前葉までにそのほとんどが埋没し、建物や道路は河川の埋没後に築かれている。道路はやや位置を変えて2時期(13世紀前葉~中葉・13世紀中葉~14世紀)確認される。長さ64mにわたって調査区を東西に横断しており、古い時期の道路幅は約7mで両側には側溝が設けられている。遺物としては、山茶碗類に加え、土師質土器や木製品などが多数出土している。東側に隣接している中屋遺跡との関係が注目される。
このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 502
ファイルダウンロード数 : 745

全国のイベント

外部出力