Headerlogo en 奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
23621 reports
( Participation 458 Orgs )
report count
61980 reports
( compared to the privious fiscal year + 13427 reports )
( Participation 1584 Orgs )
site summary count
126605 reports
( compared to the privious fiscal year + 32414 reports )

角庵Ⅰ遺跡・角庵Ⅱ遺跡

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/21849
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.21849
引用表記 静岡県埋蔵文化財センター 2012 『静岡県埋蔵文化財センター調査報告5:角庵Ⅰ遺跡・角庵Ⅱ遺跡掛川ー3』静岡県埋蔵文化財センター
静岡県埋蔵文化財センター 2012 『角庵Ⅰ遺跡・角庵Ⅱ遺跡掛川ー3』静岡県埋蔵文化財センター調査報告5
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Title 角庵Ⅰ遺跡・角庵Ⅱ遺跡
Alternative かくあんいちいせき・かくあんにいせき
Subtitle 第二東名建設事業に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
Volume 掛川ー3
Series 静岡県埋蔵文化財センター調査報告
Series Number
Author
Editorial Organization
静岡県埋蔵文化財センター
Publisher
静岡県埋蔵文化財センター
Publish Date 20120217
Publisher ID 22000
ZIP CODE 4228002
TEL 0542624261
Aaddress 静岡県静岡市駿河区谷田23番20号
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
表紙「角庵I遺跡 (第二東名No.102地点)」「 角庵II遺跡 (第二東名No.103地点)」とあり
表紙「中日本高速道路株式会社東京支社」「静岡県埋蔵文化財センター」とあり
Site
Site Name 角庵Ⅰ遺跡
Site Name Transcription かくあんいちいせき
Order in book 1
Address 静岡県掛川市寺島字西ノ谷1128-1他
Address Transcription しずおかけんかけがわしてらしまあざにしのや1128-1ほか
City Code 22213
Site Number
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 344952
East Longitude (WGS) 1375725
Research Period
20000228-20000531
Research Space
600
Research Causes 新東名建設事業
OverView
Site Type
散布地
Main Age
縄文
弥生
古墳
奈良
平安
中世(細分不明)
近世(細分不明)
Main Features
土坑
溝状遺構
柵列
性格不明遺構
竪穴建物
Main Foundings
縄文土器
石器
須恵器
灰釉陶器
初山
かわらけ
石硯
土師器
鉄製品
Remark
Site Type
集落
Main Age
Main Features
Main Foundings
Remark
Site Name 角庵Ⅱ遺跡
Site Name Transcription かくあんにいせき
Order in book 2
Address 静岡県掛川市寺島字西ノ谷1066-1他
Address Transcription しずおかけんかけがわしてらしまあざにしのや1066-1ほか
City Code 22213
Site Number
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 344948
East Longitude (WGS) 1375732
Research Period
20000524-20000830
20010801-20011130
Research Space
3060
Research Causes 新東名建設事業
OverView
Site Type
散布地
Main Age
縄文
弥生
古墳
平安
中世(細分不明)
近世(細分不明)
Main Features
土坑
竪穴建物
掘立柱建物
土壙墓
性格不明遺構
柵列
溝状遺構
礫石経塚
Main Foundings
縄文土器
石器
耳飾
土錘
黒曜石片
弥生土器
土師器
ガラス小玉
須恵器
鉄銭
銅銭
鉄鎌
鉄釘
不明鉄製品
瀬戸美濃
古志戸呂
志戸呂
肥前
かわらけ
礫石経
Remark
Site Type
集落
Main Age
Main Features
Main Foundings
Remark
Site Type
経塚
Main Age
Main Features
Main Foundings
Remark
Abstract  角庵Ⅱ遺跡は弥生時代後期前半に土壙墓(あるいは方形周溝墓)が築造され、古墳時代前期に竪穴建物と掘立柱建物で構成される集落へ変化している。近接する上ノ平遺跡が集落の時期は墓域、集落が衰退段階で角庵Ⅱ遺跡は集落へ変化しており、両者は連動して変化している可能性が高いことから、同一集団によって形成された可能性がある。
 角庵Ⅰ・Ⅱ遺跡では7世紀前半に突如竪穴建物が構築され、短期間(50年程)で放棄される。気候変動に伴う移動あるいは律令期へ向かっての集落の再編・拡散、耕地の開発に伴う可能性がある。
 角庵Ⅱ遺跡出土の礫石経塚は、残された経石の経文には法華三部経の『妙法蓮華経』と『無量義経』のほか、観音信仰に基づく「大悲心陀羅尼」、現生の滅罪を求める「宝篋印陀羅尼経」、十三仏信仰に基づく阿閦如来などが確認できることから、経塚造営の目的は追善供養で、現生での功徳、観音菩薩の加護、死者の涅槃等を願って僧侶と民衆が共同で造営した可能性が高い。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 120
File download : 214

All Events

Similar Reports

Similar Events