Headerlogo en 奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
23621 reports
( Participation 458 Orgs )
report count
61980 reports
( compared to the privious fiscal year + 13427 reports )
( Participation 1584 Orgs )
site summary count
126605 reports
( compared to the privious fiscal year + 32414 reports )

小鹿杉本堀合坪遺跡

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/21631
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.21631
引用表記 静岡県埋蔵文化財センター 2014 『静岡県埋蔵文化財センター調査報告41:小鹿杉本堀合坪遺跡』静岡県埋蔵文化財センター
静岡県埋蔵文化財センター 2014 『小鹿杉本堀合坪遺跡』静岡県埋蔵文化財センター調査報告41
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Title 小鹿杉本堀合坪遺跡
Alternative おしかすぎもとほりあいつぼいせき
Subtitle 平成24年度静岡県立大学新看護学部棟建設に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
Volume
Series 静岡県埋蔵文化財センター調査報告
Series Number 41
Author
Editorial Organization
静岡県埋蔵文化財センター
Publisher
静岡県埋蔵文化財センター
Publish Date 20140228
Publisher ID 22000
ZIP CODE 4228002
TEL 0542624261
Aaddress 静岡県静岡市駿河区谷田23番20号
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Site
Site Name 小鹿杉本堀合坪遺跡
Site Name Transcription おしかすぎもとほりあいつぼいせき
Order in book
Address 静岡県静岡市駿河区小鹿2丁目2-1
Address Transcription しずおかけんしずおかしするがくおしか2ちょうめ2-1
City Code 22102
Site Number
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 345827
East Longitude (WGS) 1382501
Research Period
20120730-20130202
Research Space
1473
Research Causes 大学校舎建設
OverView
Site Type
田畑
Main Age
弥生
古墳
古代(細分不明)
中世(細分不明)
近世(細分不明)
Main Features
畦畔状遺構
土坑
溝状遺構
Main Foundings
須恵器
土師器
土師質土器
灰釉陶器
山茶碗
近世国産陶磁器
中国産青磁
木製品
漆製品
金属製品
銭貨
自然遺物
Remark 種別:水田
Abstract  第3面の黒色泥炭層は弥生時代~古墳時代前期の包含層と考えられるが、そこから、板状及び棒状の木製品が出土した。第2面では須恵器の破片が出土しているが、時期は古墳後期~古代でやや不明確である。第2面で検出された遺構は、平安時代以降と想定される水田関係の遺構が主であり、畦畔状遺構及び多数の溝状遺構のほかに、土坑が検出された。土坑は溝状遺構を切って構築されており、先後関係が認められる。畦畔状遺構及び溝状遺構の主軸方向は、静清平野の広域表層条里とほぼ一致し、条里制に基づく水田面と思われる。第1面は近世以降と考えられる水田面であり、一体となった畦畔状遺構と溝状遺構が検出され、広域表層条里の坪界線とほぼ一致する。第1面の遺構は杭列が伴っていた可能性もある。調査区は全面にわたって、旧静岡薬科大学時代の建物基礎と思われる攪乱により破壊されている部分が多く、遺跡の保存状態は悪かった。この攪乱ないし盛土中より、旧日本陸軍の砲弾の薬莢が出土した。その刻印により、東京第一陸軍造幣廠(現東京都北区に所在)で1943(昭和18)年に製造された37mm砲弾のものと考えられる。本遺跡隣接地(または本遺跡を含む地区)に所在した、旧三菱重工業静岡発動機製作所が、1945年に米軍の空襲を受けて大きな被害を受けた際、その瓦礫が今回の調査地点に運び込まれ、その中に含まれていた可能性を想定した。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 114
File download : 65

All Events

Similar Reports

Similar Events