Headerlogo en 奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
23621 reports
( Participation 458 Orgs )
report count
61980 reports
( compared to the privious fiscal year + 13427 reports )
( Participation 1584 Orgs )
site summary count
126605 reports
( compared to the privious fiscal year + 32414 reports )

井通遺跡Ⅲ

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/21624
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.21624
引用表記 静岡県埋蔵文化財センター 2013 『静岡県埋蔵文化財センター調査報告38:井通遺跡Ⅲ』静岡県埋蔵文化財センター
静岡県埋蔵文化財センター 2013 『井通遺跡Ⅲ』静岡県埋蔵文化財センター調査報告38
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Title 井通遺跡Ⅲ
Alternative いどおりいせきさん
Subtitle 平成24年度二級河川井伊谷川緊急総合治水対策(河川)事業に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
Volume
Series 静岡県埋蔵文化財センター調査報告
Series Number 38
Author
Editorial Organization
静岡県埋蔵文化財センター
Publisher
静岡県埋蔵文化財センター
Publish Date 20130315
Publisher ID 22000
ZIP CODE 4228002
TEL 0542624261
Aaddress 静岡県静岡市駿河区谷田23番20号
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Site
Site Name 井通遺跡
Site Name Transcription いどおりいせき
Order in book
Address 静岡県浜松市北区細江町広岡
Address Transcription しずおかけんはままつしきたくほそえちょうひろおか
City Code 22135
Site Number
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 344836
East Longitude (WGS) 1373927
Research Period
20121105-20121115
Research Space
40
Research Causes 河川改修工事
OverView
Site Type
集落
Main Age
鎌倉
Main Features
自然流路
Main Foundings
山茶碗
Remark
Abstract  井通遺跡は浜名湖北東岸に位置する弥生時代中期~中世にわたり集落が営まれた複合集落遺跡である。水陸交通の結節点に位置することから、奈良時代に引佐郡家関連施設として群津が展開していた。
 今回の調査では中世の自然流路が確認され、遺跡の北側では、自然環境の影響により人為的活動の痕跡が低調であったことが判明した。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 73
File download : 46

All Events

Similar Reports

Similar Events