Headerlogo en 奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
23540 reports
( Participation 455 Orgs )
report count
61808 reports
( compared to the privious fiscal year + 13186 reports )
( Participation 1583 Orgs )
site summary count
126214 reports
( compared to the privious fiscal year + 32040 reports )

細沢遺跡・南山Ⅲ東遺跡 (第二東名№148・№148-3地点)

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/21617
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.21617
引用表記 静岡県埋蔵文化財センター 2013 『静岡県埋蔵文化財センター調査報告29:細沢遺跡・南山Ⅲ東遺跡 (第二東名№148・№148-3地点)』静岡県埋蔵文化財センター
静岡県埋蔵文化財センター 2013 『細沢遺跡・南山Ⅲ東遺跡 (第二東名№148・№148-3地点)』静岡県埋蔵文化財センター調査報告29
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Title 細沢遺跡・南山Ⅲ東遺跡 (第二東名№148・№148-3地点)
Alternative ほそのざわいせき・みなみやまさんひがしいせき (だいにとうめいなんばー148・なんばー148-3ちてん)
Subtitle 第二東名建設事業に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
Volume
Series 静岡県埋蔵文化財センター調査報告
Series Number 29
Author
Editorial Organization
静岡県埋蔵文化財センター
Publisher
静岡県埋蔵文化財センター
Publish Date 20130228
Publisher ID 22000
ZIP CODE 4228002
TEL 0542624261
Aaddress 静岡県静岡市駿河区谷田23番20号
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Site
Site Name 細沢遺跡
Site Name Transcription ほそのざわいせき
Order in book 1
Address 静岡県裾野市千福地先
Address Transcription しずおかけんすそのしせんぷくちさき
City Code 22220
Site Number
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 351149
East Longitude (WGS) 1385315
Research Period
20040419-20040831
Research Space
1498
Research Causes 第二東名建設事業
OverView
Site Type
散布地
Main Age
旧石器
縄文
Main Features
礫群
土坑
集石
Main Foundings
剥片
尖頭器
有舌尖頭器
石鏃
削器
掻器
使用痕のある剥片
石核
礫器
磨石
敲石
磨敲石
凹石
台石
Remark
Site Name 南山Ⅲ東遺跡
Site Name Transcription みなみやまさんひがしいせき
Order in book 2
Address 静岡県裾野市葛山字南山1337-1他
Address Transcription しずおかけんすそのしかずらやまあざみなみやま1337-1ほか
City Code 22220
Site Number
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 351156
East Longitude (WGS) 1385324
Research Period
20050418-20050729
Research Space
280
Research Causes 第二東名建設事業
OverView
Site Type
散布地
Main Age
縄文
Main Features
土坑
Main Foundings
使用痕のある剥片
Remark
Abstract  細沢遺跡は、愛鷹山東麓に立地する遺跡である。南山Ⅲ東遺跡に近接する細尾根上に立地する。旧石器時代から縄文時代中期頃までの遺物がある。旧石器時代の赤化した礫群の中央付近に炭化物が検出された。縄文時代の集石付近からも炭化物と焼土粒が集中して検出された。調査区東拡張区の谷部からは大量の土器片が発見され、流水によって谷部に土器片が運搬されてきたと考えられる。
 対して南山Ⅲ東遺跡は、開折谷を形成しつつある谷筋に位置し、4基の土坑と黒曜石片が検出された縄文時代の遺跡である。逆茂木跡が検出された土坑が2基検出された。それらは斜面に立地していること、さらには愛鷹山山麓での様々な検出例から鑑みると、狩猟用の陥穴と考えられる。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 71
File download : 50

All Events

Similar Reports

Similar Events