Headerlogo en 奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
23687 reports
( Participation 460 Orgs )
report count
62106 reports
( compared to the privious fiscal year + 13644 reports )
( Participation 1584 Orgs )
site summary count
126799 reports
( compared to the privious fiscal year + 32750 reports )

花倉大柳遺跡・花倉大柳古墳

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/21611
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.21611
引用表記 静岡県埋蔵文化財センター 2012 『静岡県埋蔵文化財センター調査報告21:花倉大柳遺跡・花倉大柳古墳』静岡県埋蔵文化財センター
静岡県埋蔵文化財センター 2012 『花倉大柳遺跡・花倉大柳古墳』静岡県埋蔵文化財センター調査報告21
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Title 花倉大柳遺跡・花倉大柳古墳
Alternative はなぐらおおやなぎいせき・はなぐらおおやなぎこふん
Subtitle 第二東名建設事業に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
Volume
Series 静岡県埋蔵文化財センター調査報告
Series Number 21
Author
Editorial Organization
静岡県埋蔵文化財センター
Publisher
静岡県埋蔵文化財センター
Publish Date 20121130
Publisher ID 22000
ZIP CODE 4228002
TEL 0542624261
Aaddress 静岡県静岡市駿河区谷田23番20号
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Site
Site Name 花倉大柳遺跡
Site Name Transcription はなぐらおおやなぎいせき
Order in book 1
Address 静岡県藤枝市花倉字大柳
Address Transcription しずおかけんふじえだしはなぐらおおやなぎ
City Code 22214
Site Number
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 345347
East Longitude (WGS) 1381416
Research Period
20030611-20040116
Research Space
4840
Research Causes 第二東名建設事業
OverView
Site Type
集落
Main Age
縄文
弥生
古墳
古代(細分不明)
Main Features
竪穴住居跡
石囲炉
方形周溝墓
溝状遺構
土坑
円形周溝
方形周溝状遺構
窯状遺構
Main Foundings
縄文土器
石器
土師器
須恵器
灰釉陶器
Remark
Site Type
Main Age
Main Features
Main Foundings
Remark
Site Type
古墳
Main Age
Main Features
Main Foundings
Remark
Site Name 花倉大柳古墳
Site Name Transcription
Order in book 2
Address 静岡県藤枝市花倉字大柳
Address Transcription しずおかけんふじえだしはなぐらおおやなぎ
City Code 22214
Site Number
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 345347
East Longitude (WGS) 1381416
Research Period
20030611-20040116
Research Space
4840
Research Causes 第二東名建設事業
OverView
Site Type
古墳
Main Age
古墳
Main Features
木棺直葬墳
Main Foundings
土師器
Remark
Abstract  花倉大柳遺跡は、葉梨川中流域の丘陵上に位置する縄文時代から古代までの複合遺跡である。縄文時代中期の遺構としては、竪穴住居跡および石囲炉を検出し、北裏C式、北屋敷式などの中期前葉~中葉の土器や、石鏃・石匙・スクレイパー・打製石斧・敲石などの石器が出土している。弥生時代後期~古墳時代前期の遺構としては、竪穴住居跡と方形周溝墓を検出しており、遺構の切合いから、集落に引き続いて墓域が形成される変遷を追うことができる。古墳時代後期の遺構としては円形周溝を検出している。周溝内から後期前葉の須恵器の坏蓋が出土しており、円墳の可能性が高い。平安時代の遺構としては方形周溝状遺構を検出し、9世紀後半の灰釉陶器が出土した。この他に、古代以降に属すると推定される窯状遺構および土坑が検出された。
 花倉大柳古墳は花倉大柳遺跡の調査区南側の独立した丘陵上に単独で営まれた木棺直葬の円墳であり、埋葬施設には割竹形木棺が採用されている。木棺内からの出土遺物はなく、木棺上部と周溝内部から土師器片が出土した。埋葬施設の形態および出土遺物より、古墳時代全期後半~中期前半期に築造されたと考えられる。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 109
File download : 57

All Events

Similar Reports

Similar Events