Headerlogo en 奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
23621 reports
( Participation 458 Orgs )
report count
61980 reports
( compared to the privious fiscal year + 13427 reports )
( Participation 1584 Orgs )
site summary count
126605 reports
( compared to the privious fiscal year + 32414 reports )

鎌沢遺跡・銭神遺跡 第二東名№28・29地点

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/21598
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.21598
引用表記 静岡県埋蔵文化財センター 2012 『静岡県埋蔵文化財センター調査報告10:鎌沢遺跡・銭神遺跡 第二東名№28・29地点』静岡県埋蔵文化財センター
静岡県埋蔵文化財センター 2012 『鎌沢遺跡・銭神遺跡 第二東名№28・29地点』静岡県埋蔵文化財センター調査報告10
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Title 鎌沢遺跡・銭神遺跡 第二東名№28・29地点
Alternative かまざわいせき・ぜにがみいせき だいにとうめいなんばーにじゅうはち・にじゅうきゅう地点
Subtitle 第二東名建設事業に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
Volume
Series 静岡県埋蔵文化財センター調査報告
Series Number 10
Author
Editorial Organization
静岡県埋蔵文化財センター
Publisher
静岡県埋蔵文化財センター
Publish Date 20120326
Publisher ID 22000
ZIP CODE 4228002
TEL 0542624261
Aaddress 静岡県静岡市駿河区谷田23番20号
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Site
Site Name 鎌沢遺跡
Site Name Transcription かまざわいせき
Order in book 1
Address 静岡県沼津市根古屋字鎌ヶ沢998-19外
Address Transcription しずおかけんぬまづしねごやあざかまがさわ998-19ほか
City Code 22203
Site Number
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 350916
East Longitude (WGS) 1384815
Research Period
19990203-20030331
Research Space
8745
Research Causes 第二東名建設事業
OverView
Site Type
散布地
Main Age
旧石器
縄文
Main Features
石器ブロック
礫群
土坑
集石
Main Foundings
ナイフ形石器
尖頭器
角錐状石器
細石器
石核
土器
石鏃
打製石斧
Remark
Site Name 銭神遺跡
Site Name Transcription ぜにがみいせき
Order in book 2
Address 静岡県沼津市井出字銭神
Address Transcription しずおかけんぬまづしいであざぜにがみ
City Code 22203
Site Number
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 350911
East Longitude (WGS) 1384802
Research Period
20000921-20100618
Research Space
1771
Research Causes 第二東名建設事業
OverView
Site Type
散布地
Main Age
旧石器
縄文
弥生
Main Features
打製石斧製作跡
土坑
焼土
Main Foundings
土器
尖頭器
石鏃
打製石斧
石核
Remark
Abstract  鎌沢遺跡は旧石時代~縄文時代を中心とした遺跡である。旧石器時代では第Ⅲ黒色帯、ニセローム層、休場層で遺構・遺物が検出された。第Ⅲ黒色帯検出の土坑及び石器ブロックは、近接して検出されている。土坑は陥穴状遺構とされるものと形態が一致する。石器ブロックはホルンフェルス及び珪質頁岩による石器製作が考えられ、珪質頁岩の石核及び剥片は10点以上が接合している。これまでの調査事例では土坑と石器ブロックが近接して検出されることが少なく、土坑の機能あるいは石器製作を含めた活動パターンを考える上で貴重なデータを提供することとなった。ニセローム層では小規模な礫群1器を検出したにとどまるが、休場層では石器ブロック2基及び礫群16基が検出され、ナイフ形石器、尖頭器、細石器等が多量に出土しており、旧石器時代終末期の組成を示すと考えられる。ただし層位的及び平面的に諸種の石器が混在しており、分別は困難であった。縄文時代では20点以上の尖頭器が検出され限られた調査範囲の中では充実した出土量を誇っている。縄文土器は早期後半の条痕文系が主体となるが、草創期、後期といった必ずしも類例が多くない時期の資料を得ることができた。草創期に比定された土器は絡条体圧痕文を外面に施文するもので4点が確認された。以上の成果により、多少の空白期を持ちながらも旧石器~縄文時代にかけて小規模な尾根での活動の一端を知ることができた。
 銭神遺跡は、旧石器~縄文時代及び弥生時代以降を中心とした遺跡である。谷部に位置しており、出土遺物は谷底部に集中して検出されている。旧石器時代では休場層からナイフ形石器、細石器等が検出される程度であり、明確な遺構は未確認である。縄文時代では早期後半~前期の土器及び、尖頭器、石鏃、石斧、石斧未製品等が出土している。尖頭器は草創期に比定されると考えられるが、その他の石器は土器の編年観から早期後半~前半を主体とすると判断される。他方、打製石斧製作跡が1基検出され、石斧未製品及び剥片、台石、敲石等が一定範囲に集中して検出された。谷部の土地利用を考える上で参考となる事例となった。弥生時代以降では溝、土坑が検出された。時期は不明瞭であるが、谷底部やや上位において谷筋に平行した溝及び土坑が検出されている。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 208
File download : 151

All Events

Similar Reports

Similar Events