Headerlogo en 奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
23621 reports
( Participation 458 Orgs )
report count
61980 reports
( compared to the privious fiscal year + 13427 reports )
( Participation 1584 Orgs )
site summary count
126605 reports
( compared to the privious fiscal year + 32414 reports )

秋葉林遺跡Ⅲ 第二東名№25地点

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/21597
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.21597
引用表記 静岡県埋蔵文化財センター 2012 『静岡県埋蔵文化財センター調査報告9:秋葉林遺跡Ⅲ 第二東名№25地点』静岡県埋蔵文化財センター
静岡県埋蔵文化財センター 2012 『秋葉林遺跡Ⅲ 第二東名№25地点』静岡県埋蔵文化財センター調査報告9
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Title 秋葉林遺跡Ⅲ 第二東名№25地点
Alternative あきばばやしいせきさん だいにとうめいなんばーにじゅうごちてん
Subtitle 第二東名建設事業に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
Volume
Series 静岡県埋蔵文化財センター調査報告
Series Number 9
Author
Editorial Organization
静岡県埋蔵文化財センター
Publisher
静岡県埋蔵文化財センター
Publish Date 20120229
Publisher ID 22000
ZIP CODE 4228002
TEL 0542624261
Aaddress 静岡県静岡市駿河区谷田23番20号
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Site
Site Name 秋葉林遺跡
Site Name Transcription あきばばやしいせき
Order in book
Address 静岡県沼津市青野字秋葉林831他
Address Transcription しずおかけんぬまづしあおのあざあきばばやし831ほか
City Code 22203
Site Number 386
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 350906
East Longitude (WGS) 1384846
Research Period
20101118-20110318
Research Space
1874
Research Causes 第二東名建設事業
OverView
Site Type
集落
Main Age
縄文
弥生
古墳
中世(細分不明)
Main Features
竪穴住居
土坑
小穴
集石
焼土
Main Foundings
土器
石鏃
打製石斧
Remark
Abstract 後期旧石器時代では、第Ⅳ黒色帯と休場層から礫が出土し、これまでの調査成果と重ね合わせると、長期にわたる人々の活動が今回の調査区域内にも一部及んでいたことが推測された。縄文時代では過年度調査で早期中葉から後期の土器が出土する中、今回は諸磯b式土器に集中していた。検出遺構の集石や土坑からは、狩場を主体とする谷部の土地利用が想定できる。竪穴住居1基が検出されたことにより一部居住域の形成が推測される。弥生時代から古墳時代初頭では弥生後期後半~古墳前期初頭の土器の出土にとどまった。中世以降と考えられる谷をめぐる溝と円形土坑は、利用目的は不明ながら、これまでの調査成果と重ね合わせると大規模に形成されていたことが再確認できる。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 100
File download : 52

All Events

Similar Reports

Similar Events