奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
26870 reports
( Participation 526 Orgs )
report count
84917 reports
( compared to the privious fiscal year + 16262 reports )
( Participation 1692 Orgs )
site summary count
135547 reports
( compared to the privious fiscal year + 4412 reports )
video count
332 reports
( compared to the privious fiscal year + 332 reports )
( Participation 34 Orgs )

境矢石遺跡

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/20996
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.20996
引用表記 一般財団法人 米子市文化財団 埋蔵文化財調査室 2015 『一般財団法人米子市文化財団埋蔵文化財発掘調査報告書6:境矢石遺跡5』一般財団法人 米子市文化財団 埋蔵文化財調査室
一般財団法人 米子市文化財団 埋蔵文化財調査室 2015 『境矢石遺跡5』一般財団法人米子市文化財団埋蔵文化財発掘調査報告書6
File
3次元画像
Title 境矢石遺跡
Participation-organizations (一財)米子市文化財団 - 鳥取県
Alternative さかいやいしいせき
Subtitle 一般国道180号(南部バイパス)道路改良工事に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
Volume 5
Series 一般財団法人米子市文化財団埋蔵文化財発掘調査報告書
Series Number 6
Author
Editorial Organization
一般財団法人 米子市文化財団 埋蔵文化財調査室
Publisher
一般財団法人 米子市文化財団 埋蔵文化財調査室
Publish Date 20150331
Publisher ID 31202
ZIP CODE 6830011
TEL 0859260455
Aaddress 鳥取県米子市福市281番地
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
発行年月日:表紙「2015」奥付「2015年3月」抄録「西暦2015年3月27日」
Site
Site Name 境矢石遺跡
Site Name Transcription さかいやいしいせき
Order in book
Address 鳥取県西伯郡南部町境
Address Transcription とっとりけんさいはくぐんなんぶちょうさかい
City Code 31389
Site Number 650
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 352253
East Longitude (WGS) 1332030
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 35.381388 133.341666
Research Period
20100315-20120330
Research Space
15400
Research Causes 道路建設工事
OverView
Site Type
集落
Main Age
縄文
弥生
古墳
古代(細分不明)
中世(細分不明)
近世(細分不明)
Main Features
落し穴
土壙墓
木棺墓
石列
貯蔵穴
土坑
土器溜
竪穴建物
段状遺構
掘立柱建物
横穴墓
版築状遺構
Main Foundings
縄文土器
弥生土器
土師器
須恵器
陶磁器
管玉
管玉状石製品
ガラス製管玉
碧玉製管玉
ヒスイ製勾玉
滑石製臼玉
ガラス製小玉
鉄器
石器
耳輪
製塩土器
土馬
鞴刃口
銭貨
煙管
Remark
Abstract 境矢石遺跡は、鳥取・島根県境の母塚山(標高272m)から北東へのびる丘陵からさらに南東に派生する支丘陵の先端と、この支丘陵を開折する谷部に位置する。調査の結果、縄文時代から近世の遺構と遺物を検出した。縄文時代は、丘陵部と谷部で落し穴を検出し、丘陵部と谷部とでは平面形態や底面ピットの有無に違いがある。弥生時代前期から中期は、木棺墓91基、土壙墓4基、石囲墓1基、墳墓関連の遺構と考えられる溝状土壙、弧状溝、土壙などを検出した。墓域は東西160m、南北55mを測り、基数のうえでも山陰最大級の集団墓地といえる。弥生時代後期から古墳時代中期には集落が形成される。丘陵部では、斜面を削平、造成した段状遺構内に竪穴建物や掘立柱建物などが構築される。弥生時代後期から古墳時代前期にかけては、集落は弥生時代前期から中期の墓域を避けるように形成されるが、古墳時代中期になると、弥生時代前期から中期の墓域と重複するように竪穴建物が構築され、墓域としての意識が失われる。古墳時代後期になると、集落の形成は断絶し、その後墓域となる。木棺墓、土壙墓、横穴墓が構築されるが、古墳は認められない。古代になると再び集落が形成されるようになり、丘陵部では、斜面を削平、造成した段状遺構内に掘立柱建物などが構築される。中世には、小規模な集落が形成され、中国産の陶器、青磁、白磁が出土しており、遺跡の性格を考えらる上では興味深い資料である。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 219
File download : 325

All Events

外部出力

Similar Reports

Similar Events