奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
25499 reports
( Participation 506 Orgs )
report count
69877 reports
( compared to the privious fiscal year + 1180 reports )
( Participation 1688 Orgs )
site summary count
133606 reports
( compared to the privious fiscal year + 2432 reports )

横内東遺跡

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/20272
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.20272
引用表記 高松市教育委員会 2012 『高松市埋蔵文化財調査報告144:横内東遺跡』
高松市教育委員会 2012 『横内東遺跡』高松市埋蔵文化財調査報告144
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
Title 横内東遺跡
Alternative よこうちひがしいせき
Subtitle 三谷コミュニティセンター整備事業に伴う埋蔵文化財調査報告書
Volume
Series 高松市埋蔵文化財調査報告
Series Number 144
Author
Editorial Organization
高松市教育委員会
Publisher
Publish Date 20120331
Publisher ID 37201
ZIP CODE 7608571
TEL 0878392660
Aaddress 香川県高松市番町一丁目8番15号
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Site
Site Name 横内東遺跡
Site Name Transcription よこうちひがしいせき
Order in book
Address 香川県高松市三谷町
Address Transcription かがわけんたかまつしみたにちょう
City Code 37201
Site Number
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 341640
East Longitude (WGS) 1340410
Research Period
20090915-20091201
20110407-20110412
Research Space
864
Research Causes コミュニティセンター建設
OverView
Site Type
集落
その他
Main Age
弥生
古代(細分不明)
中世(細分不明)
Main Features
旧河道
ピット
掘立柱建物
井戸
土坑
Main Foundings
弥生土器
須恵器
土師器
陶磁器
石製品
鉄製品
Remark 条里地割、方形の区画溝
種別:旧河道 集落
Abstract 対象地は南海道の南側に当たり、条里地割が施工された山田郡の範囲内に位置する。調査の結果、弥生時代以前から旧河道が流れ、弥生時代以降集落が形成され、人々の生活が営まれたことが明らかになった。古代においては、条里地割に並行する溝を検出したほか、集落域と低地を結ぶ溝なども検出し、安定した集落であったことが明らかとなった。また、中世においては方形の区画溝を検出したほか、これらに囲まれた微高地において掘立柱建物跡4棟、井戸、廃棄土坑を検出した。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 118
File download : 89

All Events

外部出力

Similar Reports

Similar Events